@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【スイ】

デジタル大辞泉

すい【衰】[漢字項目]
常用漢字] [音]スイ(呉)(漢) [訓]おとろえる
物事の勢いや力が弱くなる。「衰弱衰勢衰退衰微減衰盛衰老衰

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おとろえ おとろへ【衰】
〘名〙 (動詞「おとろえる(衰)」の連用形の名詞化)
① 物事の勢いなどが弱くなること。衰退。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「後の世におとろへあるときも」
② 体力、若さ、美しさなどが盛りを過ぎていくこと。衰弱。
※源氏(1001‐14頃)夕霧「いみじのおとろへや人に見ゆべき有様にもあらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おとろ・える おとろへる【衰】
〘自ア下一(ハ下一)〙 おとろ・ふ 〘自ハ下二〙 (動詞「おとる(劣)」に接尾語「ふ」の付いて変化したもの)
① 物事の勢いが弱くなる。勢力が減じる。おちぶれる。
※大智度論平安初期点(850頃か)一三「財産日に耗(オトロフ)
※太平記(14C後)一「朝廷は年々に衰(ヲトロ)へ、武家は日々に盛(さかん)也」
② 生命力、体力、容色などが弱くなる。元気がなくなる。衰弱する。
※万葉(8C後)一二・二九五二「わがいのちの衰へぬれば白たへの袖の馴れにし君をしそ思ふ」
[補注]連用形に「おとろえ」の変化した「おとろい」の形の例が見られる。「私聚百因縁集‐二」の「軍徒気色騒(ヲトロヒ)。国力弱く成て」、浮世草子「好色一代女‐一」の「殿上のまじはり近き人のすゑずゑ、世のならひとてをとろひ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おとろ・う おとろふ【衰】
〘自ハ下二〙 ⇒おとろえる(衰)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation