@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【あこめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


あこめ
束帯女房装束に用いられた下着一種。衵は間籠の (あいこめのきぬ) の意味で,間に着込める,つまり中間着である。男の束帯の場合は下襲 (したがさね) と単衣 (ひとえぎぬ) との間に着用し,女房装束では表着ととの間に着用するが,形態はそれぞれ異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あこめ【×衵/×袙】
中古の男子の中着。束帯のときは下襲(したがさね)単(ひとえ)との間に、衣冠直衣(のうし)のときには袍(ほう)・直衣と単との間に着用した。打衣(うちぎぬ)。
女子の中着。表着(うわぎ)と単との間に着用した。
女児が上着として着用した、袿(うちき)より裾を短く仕立てた衣服
[補説]「あいこめ」の略で、衣服の間に込めて着る衣の意という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あこめ【衵】
(1)衵は中国で古代から着用されていた衣服で(《左伝》宣公9年,《後漢書》禰衡伝),日々の常衣とするもの(説文),近身衣の肌着であった。日本では〈あこめぎぬ〉または〈あこめ〉とよび(《和名抄》),唐風の様式からかなり変化して王朝時代に現れた。束帯衣冠直衣(のうし),狩衣などの下に用いられ,下襲(したがさね)の下,(ひとえ)の上の間に着たものであった。間に入れて着るので,あいこめ(間籠)の略された言葉であるという説もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation