@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

袋とじ【ふくろとじ】

図書館情報学用語辞典

袋とじ
用紙の書写または印刷された面を外側にして二つ折りにしたものを取りそろえて下とじをし,前後別々に表紙を添え,背に近い部分を糸とじする装丁法.各丁はそれぞれ状になっていることから起こった呼称で,中国ではこのとじ方による本を線装本という.江戸期に一般化した袋とじも,中国,朝鮮の影響を受けたものと考えられる.とじ方には,日本に多い四つ目とじ(明朝とじ,中国では四針眼訂法という),朝鮮本に多い五つ目とじ(中国では四針眼訂法)のほか,糸のかけ方に工夫をこらした康煕とじなどがある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袋とじ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

袋とじの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation