@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

袋網【ふくろあみ】

世界大百科事典 第2版

ふくろあみ【袋網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくろあみ【袋網】
袋状に編んだ網。流れに仕掛けて魚などを捕る。
引き網・巻き網などの魚を追い込む袋状の部分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

袋網
ふくろあみ
袋状のを河川や海中に設置して水産動物が乗網するのを待つ網漁具漁具をさす場合の名称表記としては「嚢網」とするのが正しいが、一般には「袋網」の表記が通行している。袋網には二つのタイプがある。その一つは網口付近に餌(えさ)をつけ、集まった魚を引き上げてとるもので、カワハギ網などがある。ほかの一つは網口を急流に向けて水底に敷設するアンコウ網、ウナギ長袋網などで、袋網の大半がこのタイプである。袋網の網口には翼網や漏斗(ろうと)網が取り付けてあるものもある。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくろ‐あみ【袋網】
〘名〙 水の流れを利用して魚類を捕える袋状の網。
※俳諧・桜川(1674)夏一「鮎打や肱にかけたるふくろあみ〈守常〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくろ‐あみ【袋網】
定置網引き網などの、細長い袋状の部分

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袋網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

袋網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation