@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

袖なし【そでなし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

袖なし
そでなし

袖のつかない上半身衣の総称であるが、和装の場合は、袖なし羽織をさし、表衣の上に着用する袖のつかない衣服をいう。羽織系は折衿(おりえり)、半纏(はんてん)系は立衿である。手の動作が楽で、防寒用として羽織下に用い、老人は羽織のかわりにこれを着用する。布地は、滑りがよく軽い絹織物、化繊織物、綿織物などを用いる。充填(じゅうてん)材は木綿綿、真綿などである。近年は襠(まち)をつけたものと、袖ぐりをえぐったものとがあり、形態は自由で、キルティングのものや、裏に毛皮をつけたものなどもある。古くは肩衣(かたぎぬ)、手なしといい、庶民の衣服であった。室町時代に羽織の初期の形として羅紗(らしゃ)でつくった陣羽織ができ、下級武士や庶民の間で袖なし羽織として着用された。これが、その後、武士の間では陣羽織、庶民の間では陣兵(甚兵衛)羽織となった。

[藤本やす]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袖なし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

袖なしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation