@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

被保険利益【ヒホケンリエキ】

デジタル大辞泉

ひほけん‐りえき【被保険利益】
損害保険で、保険目的被保険者との存在する利害関係のこと。損害保険契約では、被保険利益が存在しない契約は無効。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集

被保険利益
あるに偶然な事故が発生することにより、ある人が損害を被るおそれがある場合に、そのある人とある物との間にある利害関係をいいます。損害保険契約は損害に対し保険金を支払うことを目的としますから、その契約が有効に成立するためには、被保険利益の存在が前提となります。

出典:自動車保険・医療保険のソニー損保

世界大百科事典 第2版

ひほけんりえき【被保険利益 insurable interest】
保険事故が発生することにより,被保険者が経済上の損害を受けるおそれのある利益をいう。損害保険は損害の塡補(てんぽ)を目的としており,契約が有効に成立するためには被保険利益が存在しなければならない。商法ではこれを〈保険契約の目的〉と規定し,金銭に見積もりうる利益としている(商法630条)。したがって被保険利益は経済的利益でなければならず,精神的・感情的利益であってはならない。また被保険利益は,適法な利益でなければならず,さらに確定した利益あるいは確定しうべき利益でなければならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

被保険利益
ひほけんりえき
insurable interest
損害保険制度はもともと、保険事故の発生によって生じた損害を填補(てんぽ)することを目的とするものである。損害がなかったのに保険金が支払われ、あるいは損害の額を超えて保険金が支払われるとすれば、保険事故が発生することよって被保険者は利得するから、保険は賭博(とばく)となり、また被保険者が保険金目当てに故意に保険事故を引き起こす危険も考えられる。そこで、損害保険契約が有効に成立するためには、損害を受けるおそれのある利益が存在しなければならないとされている。この利益を被保険利益という。被保険利益は積極的な利益(たとえば家屋の所有者の利益)でも、消極的な利益(たとえば家屋の賃借人の責任)でもよい。被保険利益はまた、金銭に評価できるものであって、保険金を支払うことが法令や公序良俗に違反しないものでなければならない。被保険利益を金銭に評価した額を保険価額という。[金子卓治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被保険利益」の用語解説はコトバンクが提供しています。

被保険利益の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation