@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

被官百姓【ヒカンビャクショウ】

デジタル大辞泉

ひかん‐びゃくしょう〔ヒクワンビヤクシヤウ〕【被官百姓】
戦国時代から江戸時代にかけて、有力な農民に身分的、経済的に隷属していた農民。名子(なご)・門屋(かどや)・家抱(けほう)などと称した地方もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひかんびゃくしょう【被官百姓】
信濃国(長野県)伊那郡を中心に,江戸時代に存在した農繁期の農業労働や家事労働を提供する小作人をいう。この小作人を持つ地主を〈おやかた〉とか〈おえい〉と呼び,〈御館〉〈御家〉の字をあてている。史料的に跡づけられる例として伊那郡虎岩村の平沢家をみると,同家は古くは土地の土豪下条氏の家臣で,武田,織田,徳川諸氏が信濃南部を席巻したころには次々とそれらに臣従し,知行地を認められている。その知行地を耕作し,主家が出陣するさいには従軍した家来があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

被官百姓
ひかんびゃくしょう

被官、被管ともいう。戦国時代から江戸時代の隷属農民の一称。御家(おいえ)、御館(おやかた)とよばれる地主的農民に、身分的、経済的に隷属する農民をいい、中世的な農民経営のあり方が近世まで残存したものと考えられ、後進地域、たとえば信州(長野県)伊那(いな)地方などに広くみられた。被官は御館に小作年貢や各種労役を提供し、土地とともに売買・質入(しちいれ)の対象となった。江戸中期以後、身代金(みのしろきん)や地代金を払って御館より自立して小農民となる例もあった。

[上杉允彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被官百姓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

被官百姓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation