@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

被曝【ひばく】

知恵蔵

被曝
人体が放射線を浴びること。体の外にある放射性物質によって被曝(ひばく)する場合を「外部被曝」、呼吸・飲食・皮膚などを通じて体内に入った放射性物質で被曝する場合を「内部被曝」と呼ぶ。いずれの場合も、放射線を受けた細胞、その遺伝子や染色体など様々なレベルで障害が起きる。染色体レベルでは、切れて断片化したり、それが誤ってつながったりする異常が生じる。体細胞で異常が起きると身体的影響となり、生殖細胞では遺伝的障害となる。被曝して数日以内に障害が出る早期影響は一定量以下の被曝では起こらない。その量を閾(しきい)線量という。被曝量が1シーベルト(Sv)以下の低線量被曝では、数カ月から数十年の潜伏期を経て、白血病やがんなどの晩発影響が生じる。原爆被爆者のデータ、人口動態統計、がん統計、動物実験結果などを総合して考えて、被曝した人のうちがんで死亡した人が何人かを計算したのが、生涯がん死亡確率。国際放射線防護委員会(ICRP)の1990年勧告は1Svの被曝で100人中5人と推定している。晩発影響は特に低線量被曝の影響がよく分からないため、閾線量はなく、障害が出る可能性は線量に比例すると仮定する(確率的影響)。
(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ひ‐ばく【被×曝】
[名](スル)放射線にさらされること。「原子力発電所の事故で被曝する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひばく【被曝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひばく【被曝】
( 名 ) スル
放射線や有害な化学物質にさらされること。 → 被爆(補説欄)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被曝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

被曝の関連情報

他サービスで検索

「被曝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation