@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

被服【ヒフク】

デジタル大辞泉

ひ‐ふく【被服】
着るもの。着物。衣服。「被服費」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

被服
ひふく

人体を覆う目的の着装物の総称で、衣服のほかに被(かぶ)り物、履き物、手袋などが含まれる。被服の語は、古くは中国の古典にみられるが、日本では明治に、陸海軍の用語として使用されたのが最初であり、1890年(明治23)に陸軍被服廠(しょう)が設置されてから、一般に広まった。1949年(昭和24)に新制大学が発足したとき、家政学部に被服科が設置され、その後、高等学校の家庭科のなかにも被服の科目が設けられ、学校教育者の間では公的な用語として使われるようになった。

[辻ますみ]

被服の形式

基本形式として五つに分類される。〔1〕腰衣(ようい)形式 古代エジプトのロインクロスや未開人の腰紐(こしひも)など。〔2〕ドレーパリー形式 布を体に巻き付けて着用する方法で、ローマ時代のトガやインドのサリーなどにみられる。〔3〕ポンチョ形式(貫頭衣) 布の中央に穴をあけて頭を通す形式。〔4〕カフタン形式
 丈長の前あき形式で帯を伴うこともあり、中東諸国や日本にみられる。〔5〕チュニック形式 体型に裁断し縫製されたもので、現代服はほとんどこの形式である。

[辻ますみ]

被服の機能

〔1〕防護性、〔2〕象徴性、〔3〕装身性があげられる。〔1〕は気候に対する防寒性や防暑性、人体を外傷などから守る護身性などがある。〔2〕は身分や階級や職業、性別などを表す社会的な機能をいう。そのほかに色や文様や着方が、生活感情や時代や社会を象徴する場合もある。以上のような用途的な機能や社会的機能のほかに、自己を表現するための装身の機能が〔3〕にあげられる。どんな衣装を身に着けようと、また〔1〕や〔2〕の制約が強かろうと、できる限り自己を美しく表現したいと願うのが人間である。装身の動機には、自己の価値を高くみせよう、また他人と違った個性を表そうとする場合と、それとは逆に、不安や恐れを克服するために、集団や社会に同調しようとする場合がある。装身の欲求から被服にデザインが求められ、新奇さを求めて流行現象が生まれてくる。

[辻ますみ]

繊維業界における被服

繊維製品は素材別に、既製服、被服、布帛(ふはく)に大別されており、それぞれの工業組合がつくられて業界が区分されている。既製服の素材が羅紗(らしゃ)や毛織物であったのに対して、繊維業界での被服は厚地の綿織物を素材とした外衣類をさす。製品としては作業服、学生服、外被(カジュアルウェア)、制服が含まれる。第二次世界大戦後確定したこの業界区分も、素材の多様化などから重複したりする製品もあり、実情にあわなくなってきている。

[辻ますみ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐ふく【被服】
〘名〙 衣服を着ること。また、その衣服。着物。
※史記抄(1477)一九「被服のきるものをもいかんとえせぬ様に至て」 〔呂氏春秋‐士容論・士容〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被服」の用語解説はコトバンクが提供しています。

被服の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation