@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

被選挙権【ひせんきょけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

被選挙権
ひせんきょけん
選挙立候補することができる資格ならびに権利。日本の場合は,日本国籍(→国籍)をもつで選挙当日の年齢が衆議院議員,地方議会議員市町村長に立候補するには満 25歳以上,参議院議員都道府県知事(→知事)に立候補する場合は満 30歳以上であることが必要である(公職選挙法10)。地方議会議員に立候補するには,その立候補地で選挙権をもっていなくてはならない。また選挙権の場合も同様であるが,禁錮以上のに服している者には与えられない(11条)。(→国会議員

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

被選挙権
国や地方公共団体の議員や首長などの選挙に立候補する権利。日本国籍を持ち、ある一定の年齢に達した者が選挙権を持つ。衆議院議員や都道府県の議会議員、市町村の議会議員、市町村長の被選挙権が満25歳以上、参議院議員と都道府県知事が満30歳以上である。これは立候補時点ではなく、選挙当日の年齢である。ただし、公民権が停止されている者、禁固以上の刑に服している者などには被選挙権がない。
(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ひせんきょ‐けん【被選挙権】
選挙に立候補して当選人となれる資格。日本では、衆議院議員・地方議会議員・市町村長は満25歳以上、参議院議員・都道府県知事は満30歳以上の者に与えられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひせんきょけん【被選挙権】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

被選挙権
ひせんきょけん

選挙において当選人になれる資格。選挙権の場合よりはその資格要件が加重されることが多い。公職選挙法第10条、第11条は、公職の被選挙権の要件として、国籍、年齢、住所、欠格事由などを定めている。年齢については、衆議院議員・地方議会議員・市町村長は満25歳以上、参議院議員・都道府県知事は満30歳以上である。なお、人種、信条、性別、社会的身分などによる差別は禁止されている。

[三橋良士明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひせんきょ‐けん【被選挙権】
〘名〙 選挙に立候補して当選人となれる資格。日本では、衆議院議員・地方議会議員・市町村長の選挙については満二五歳以上、参議院議員・都道府県知事の選挙については満三〇歳以上の国民が有する。被選権。〔市制及町村制(明治二一年)(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被選挙権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

被選挙権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation