@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

裁判長【さいばんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

裁判長
さいばんちょう
Vorsitzender
訴訟事件につき裁判所が合議体審判にあたるとき,その合議体裁判所を代表する裁判官をいう (裁判所法9条3項,18条2項,26条3項) 。裁判長は,裁判の具体的内容を決定するための評決をする際には陪席裁判官同格の評決権を有するにすぎないが,訴訟指揮,裁判の宣告法廷警察権行使などについては,合議体裁判所を代表してそれらにあたる。最高裁判所では大法廷の裁判長は最高裁判所長官が,下級裁判所では一般的に各部の総括者に指定されている裁判官が裁判長となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいばん‐ちょう〔‐チヤウ〕【裁判長】
合議制裁判所を代表する裁判官法廷で、訴訟審問を指揮し、判決の言い渡しなどをする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいばんちょう【裁判長】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいばんちょう【裁判長】
合議制裁判所を代表する裁判官。訴訟・審問の指揮をする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

裁判長
さいばんちょう
裁判機関としての裁判所が合議制である場合に、その複数の裁判官のなかの一人で、その合議体を代表する者をいう。合議体を構成する裁判官で裁判長以外の者を陪席裁判官という。だれを裁判長にするかは、最高裁判所が毎年度、指名する。
 裁判長は評議の整理について責任を有するが(裁判所法75条2項)、評決については他の陪席裁判官と同じ権限を有するにすぎない。裁判長の権限としては、合議体を代表してその発言機関として行うものと、合議体から独立して単独で行使できるものとがある。前者の例としては、口頭弁論の指揮(民事訴訟法148条以下)、証拠調べの主宰(同法202条以下)、判決の言渡し(民事訴訟規則155条)、訴訟指揮(刑事訴訟法294条、ただし、訴訟指揮であっても、刑事訴訟法276条1項・285条1項・297条3項など明文で裁判所が行うとしているものがある)などがある。後者の例としては、特別代理人の選任(民事訴訟法35条1項)、期日の指定(同法93条1項)、訴状審査・却下(同法137条)、急速を要する場合の被告人の召喚・勾引(こういん)・勾留の処分(刑事訴訟法69条)、公判期日の指定(同法273条1項)、被告人に対する退廷の許可等(同法288条)などがある。[本間義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいばん‐ちょう ‥チャウ【裁判長】
〘名〙 合議体の裁判所で、その訴訟・審理の指揮をする裁判官。→陪席裁判官
※鬼啾啾(1884‐85)〈宮崎夢柳〉六「直ちに裁判長に打ち対(むか)ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁判長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

裁判長の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation