@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

裁可【サイカ】

デジタル大辞泉

さい‐か【裁可】
[名](スル)
判断して許可すること。特に、君主が臣下の提出する議案を裁決し、許可すること。裁許。「申請を裁可する」「裁可を仰ぐ」
明治憲法下で、天皇議会議決した法律案予算案を承認する行為。これによって確定的に成立した。勅裁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいか【裁可】
大日本帝国憲法の下で,帝国議会の議決した法律案・予算案を受け入れ,国家の法律・予算として確定する天皇の行為であり,天皇が統治権の総攬者であることを示す一例(大日本帝国憲法6条)。裁可は,法律等の成立要件であり,これにより拘束力が生じる。裁可は,法律案等の全部に対し,無条件で行われる。その時期については明文規定を欠くが,議会の次会期までと解されていた。裁可行為は,上諭を付して天皇が署名・捺印した後,内閣総理大臣年月日を記入して副署し,主任大臣なども副署するという形式で行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいか【裁可】
スル
裁決し、許可すること。特に、君主が臣下の奏上する案を自ら裁決し許可すること。 阿部侯は蘭軒の請によつて已むことを得ずして-した/伊沢蘭軒 鷗外
旧憲法下で、帝国議会の議決した法律案または予算案を確定的に成立させる天皇の行為。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐か【裁可】
〘名〙
① 裁量し、許可すること。特に、君主が提出された法律・命令等の案文を自ら裁量し許可を与えること。裁許。允可(いんか)。允許。〔改正増補和英語林集成(1886)〕 〔新唐書‐董晉伝〕
② 旧憲法で、天皇が議会の議決した法律案、予算案などに署名し、御璽を押して確定する行為。勅裁。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁可」の用語解説はコトバンクが提供しています。

裁可の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation