@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【かみしも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かみしも
上下とも書く。江戸時代の武士の中礼服で,同時に庶民の礼服としても用いられた。もとは,上衣が直垂 (ひたたれ) ,素襖 (すおう) ,大紋 (だいもん) でも下衣の同質,同色,同紋であれば裃を意味したが,17世紀以降,肩衣 (かたぎぬ) に袴を着けた服装 (肩衣袴) が武士の出仕着や日常着にされ,これを裃というようになった。袴の長短によって長裃半裃と区別した。の袴は継 (つぎ) 裃といって略装であり,裏のついたのを裏付き裃といった。布地は麻が正式,その他が略式であり,文様 (あられ) 小紋 (さめ) 小紋などの小紋類が多い。色は,憲法 (黒茶色の小紋染) ,茶,萌黄など。凶事には黒と水浅黄の無紋を用いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かみしも【裃】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かみしも
江戸時代武家の衣服の一種。本来、同質同色の上・下対(つい)になったものを総じて上下(かみしも)とよんだ。室町時代に素襖(すおう)の袖(そで)を取り除いた肩衣(かたぎぬ)と袴(はかま)の組合せを公服化した。江戸時代になると肩を張るように襞(ひだ)を深くとって仕立て、礼装として着用された。麻布製を正式としたが、後世、上流武家の間では絹のものも用いられるようになった。とくに色の定めはないが、藍(あい)色やねずみ色などのじみな無地染めや小紋染めが好まれた。また肩衣の両胸と背の3か所と、袴の腰に家紋をつけた。長袴を用いる長裃は、上流武家の殿中での礼装。半裃は切袴をつけ、一般武士の公服。後期には庶民などの礼装として広く用いられた。また上下同質でないものを継裃(つぎがみしも)とよび、略儀とした。なお、初期の肩衣は襞もなく、肩幅も狭い。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

裃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation