@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

装丁【そうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

装丁
そうてい
book designing and binding
書籍の表紙,カバー,外箱,タイトル・ページのデザイン,および材質の選択を含めて装本を製作すること。歴史的には特にイスラムのコーランユダヤ教タルムード,キリスト教の聖書には古来華麗ながなされたが,近代的な意味の装丁は 19世紀末以来の新しい工芸運動のなかで,特にヨーロッパにおいて開花し今日にいたっている。中国,日本には古来より折本,粘葉装 (でっちょうそう) などの冊子本巻子本などの伝統的な装丁がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐てい〔サウ‐〕【装丁/装訂/装×釘/装×幀】
[名](スル)製本の仕上げとして、書物の表紙・扉(とびら)・カバーなどの体裁を整えること。また、その意匠。「凝った意匠で―する」
[補説]装丁が書物の外側のデザインを意味するのに対し、装本は、レイアウトや材料の選択・印刷方法・製本様式までの形式を意味することが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

装丁
そうてい
出版物の表紙、見返し、扉などの体裁をつくり、外形を整えること、また、そのデザイン。装本ともいう。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

装丁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

装丁の関連情報

他サービスで検索

「装丁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation