@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

裏を返す【ウラヲカエス】

デジタル大辞泉

裏(うら)を返(かえ)・す
遊里で、初めて買った遊女を二度目に来てまた買い、遊興する。また転じて、同じことをもう一度する意にもいう。
(「裏を返せば」の形で)逆の見方をすれば。本当のことを言えば。「彼の考えは、―・せば営利主義そのものだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うらをかえす【裏を返す】
初めて遊んだ遊女をもう一度呼んで遊ぶ。
(「裏を返せば」の形で)逆の面から言えば。逆の言い方をすれば。 - ・せば、与野党なれあいの決着

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うら【裏】 を 返(かえ)
① 遊里で初めてあげた遊女を二度目に呼ぶ。裏壁かえす。
※随筆・麓の色(1768)三「裏をかへすは壁を塗より出たる俗諺なるべし」
※落語・居残り佐平次(1919)〈初代柳家小せん〉「遊びをして再会(ウラ)を返さないのはお客の恥」
② 同じ事を重ねてする。
※歌舞伎・水天宮利生深川(筆売幸兵衛)(1885)序幕「監獄所の裏を返しゃあ済むのだから」
③ 壁の上塗りをする。壁の表側を塗った後に裏側を塗り、木舞(こまい)からはみ出した壁土を裏側から塗り返す。裏壁かえす。
※俳諧・藤の実(1694)春「新壁や裏もかへさぬ軒の梅〈素牛〉」
④ 打った釘の先を打ち曲げる。裏釘返す。
※浄瑠璃・出世景清(1685)四「一尺二寸の大釘のうらをかへさず打たれば」
⑤ 物事に対してふつうとは逆の言い方や見方をする。
※善良な罪人(1951)〈山本健吉〉「『聖ヤクザ』とは、裏をかえせばみみっちい罪人ということである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裏を返す」の用語解説はコトバンクが提供しています。

裏を返すの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation