@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

補助記憶装置【ホジョキオクソウチ】

知恵蔵

補助記憶装置
演算処理装置で実行されるプログラムや大量のデータを格納している比較的低速な記憶装置。回転する円盤状の光学・磁気媒体を用いることが多いので、通常ディスクと呼ばれる。内部にあって中程度の容量速度の記憶で、頻繁に処理されるデータやOS、応用ソフトなどを格納する装置として、磁気記憶のハードディスクがある。電池で常時読み書き可能な状態に保たれるフラッシュ・メモリー、CDやDVDは、簡便に持ち運べる外部記憶として普及しつつある。ハードディスクの集合体であるレイドディスクは、冗長性をもたせて安全性を高めたものである。長期に大量のデータを保存するためには磁気テープが使われる。
(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ほじょ‐きおくそうち〔‐キオクサウチ〕【補助記憶装置】
コンピューターの主記憶装置の容量を補うための記憶装置。ハードディスクなどの磁気ディスク記憶装置が用いられる。外部記憶装置。ストレージデバイスストレージ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ほじょきおくそうち【補助記憶装置】
コンピューターのプログラムやデータを長期的に保存する記憶装置。電源を切ると記憶内容が消去されるメインメモリーの代わりに、データを保存する。◇「二次記憶装置」ともいう。コンピューターの外部に置かれるものを特に「外部記憶装置」という。⇒記憶装置

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほじょきおくそうち【補助記憶装置】
コンピューターで、主記憶装置の記憶容量の不足を補うための記憶装置。一般には磁気ディスク・磁気テープなどを用いる。 → 主記憶装置

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

補助記憶装置
ほじょきおくそうち
auxiliary memory; secondary storage
コンピュータによって制御され,自動的に利用される記憶装置の一つで,主記憶装置記憶容量不足を補うのに使われるもの。主記憶装置には半導体記憶装置を使用し,磁気ドラム磁気ディスク,磁気テープ,光磁気ディスクなどを補助記憶装置として使うことが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほじょ‐きおくそうち ‥キオクサウチ【補助記憶装置】
〘名〙 コンピュータで、主記憶装置の容量不足を補う記憶装置。磁気ドラム、磁気ディスク、磁気テープ記憶装置などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補助記憶装置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

補助記憶装置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation