@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

補欠分子族

栄養・生化学辞典

補欠分子族
 酵素の活性に不可欠な非タンパク質性の物質で,通常タンパク質部分と共有結合などで強く結合しており,透析などで除去できないもの.脂質,金属イオン,リン酸,補酵素,色素などがある.シトクロムcヘムコハク酸デヒドロゲナーゼFADなど.酵素以外のタンパク質についても拡大していうことがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほけつぶんしぞく【補欠分子族】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

補欠分子族
ホケツブンシゾク
prosthetic group

補酵素と同様にタンパク質と結合し,酵素活性を発現する低分子化合物をいう.補酵素とは異なり,タンパク質部分に共有結合あるいは配位結合などにより強固に結合している.たとえば,シトクロムcは鉄ポルフィリンを補欠分子族とする酵素で,この場合の補欠分子族は,ペプチド鎖のシステイン残基のSH基とポルフィリン環との間でチオエーテル結合し,電子伝達の機能を果たしている.補欠分子族を広義の補酵素に入れる場合もある.[別用語参照]ホロ酵素

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

補欠分子族
ほけつぶんしぞく
配合族」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補欠分子族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

補欠分子族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation