@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

補陀洛山寺【フダラクサンジ】

デジタル大辞泉

ふだらくさん‐じ【補陀洛山寺】
和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦(なちかつうら)町にある天台宗の寺。山号は白華山。本尊は十一面千手観音菩薩で、国の重要文化財に指定される。観音浄土補陀落)を目指し、小船でから旅立つ宗教儀礼補陀落渡海」で知られる。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

補陀洛山(ふだらくさん)寺
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある寺院。天台宗。山号は白華山。捨身行の一種補陀洛渡海の出発地。本尊の十一面千手観音菩薩は国の重要文化財。「紀伊山地霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふだらくせんじ【補陀洛山寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

補陀洛山寺
ふだらくさんじ

和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦(なちかつうら)町浜の宮にある天台宗の寺。白華山と号する。本尊は十一面千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)。寺伝によれば、孝昭(こうしょう)天皇(第5代)の代にインド龍樹菩薩裸行上人(りゅうじゅぼさつらぎょうしょうにん)の開基という。『吾妻鏡(あづまかがみ)』によると、1233年(天福1)源頼朝(よりとも)の家臣下河辺行秀(しもかわべゆきひで)が出家して智定房と改め、那智浦から観音の浄土である補陀落へ行くため、船に乗って渡海したことで有名である。那智山造営のための七本願の一寺として熊野比丘尼(びくに)、山伏を統率していた。1382年(弘和2・永徳2)造立の本尊十一面観音立像は国指定重要文化財。ほかに文武(もんむ)天皇の宸筆(しんぴつ)と伝えられる「日本第一補陀洛山寺」の勅額(ちょくがく)、一条(いちじょう)天皇勅額、銅花瓶(けびょう)1口、祐善(ゆうぜん)が寄付した銅仏餉鉢(ぶっしょうばち)、那智参詣曼荼羅(さんけいまんだら)などが蔵されている。二位尼(にいのあま)(平清盛(きよもり)妻)、平維盛(これもり)などの墓がある。

[田村晃祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補陀洛山寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

補陀洛山寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation