@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

裲襠【うちかけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

裲襠
うちかけ
りょうとうとも読み,打掛とも書く。室町時代中期以降の武家女子の正装応仁の乱 (1467~77) 以後公家服飾後退に乗じ,新しい小袖型中心の衣服が成立した際,平安時代 (うちき) をまねて,袖を通さず小袖の上にただ打ち掛けて着たことからこう呼ばれる。歩行の際,褄 (つま) をかいどるところから掻取り別名があり,これらの名称は今日でも伝統的な花嫁衣装に残されている。元来,夏の正装である腰巻に対し,冬の正装として用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裲襠
りょうとう
裲襠」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうとう【裲襠】
古代の武官が着用した衣服の一種。〈衣服令〉の規定では,衛府督佐は繡を施した裲襠を,兵衛督は雲錦のものを,礼服着用の際につけるとある。また朝服条にも,衛府督佐は会集等の日には錦の裲襠を,朝服の上に着用する規定がある。文官の服制には裲襠の規定はなく,要するに武官の盛装用の衣料であろう。裲襠とは,衣服の後ろ身ごろを中に,前身ごろを胸に,つまり背と腹の両方に当てるので裲襠という,とするのが,古くからの一致した解釈であり,《和名抄》では〈ウチカケ〉というを付している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うちかけ【裲襠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りょう‐とう リャウタウ【裲襠】
〘名〙 (胸と背にあてて着るところからいう) 即位の際の武官の礼服や舞楽の装束に用いる、打掛(うちかけ)のこと。また、宮中の童女の盛装としての汗衫(かざみ)をいった。〔明衡往来(11C中か)〕 〔王筠‐行路難〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐とう〔リヤウタウ〕【××襠】
打ち掛け2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裲襠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

裲襠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation