@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

製銑【せいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

製銑
せいせん
smelting of pig iron
高炉に鉱石マンガン鉱,造滓溶剤コークスを装入して熱風を送り,銑鉄を製造する工程。原料鉱は赤鉄鉱磁鉄鉱褐鉄鉱などの酸化鉱。溶剤は通常石灰石で,鉱石中の不要鉱物ケイ酸,アルミナなどと結合して低融点の高炉滓をつくり鉄と分離する作用をする。マンガン鉱は脱硫作用があるほか,還元されたマンガンが銑鉄に入って組成と性質を改善する。コークスは不完全燃焼して一酸化炭素ガスとなり,鉄鉱,マンガン鉱を還元すると同時に熱源となる。熱風はコークスの効率のよい燃焼のため 1000~1300℃に予熱され (→熱風炉 ) ,高炉下部周囲に配置された羽口から吹込まれる。空気は諸原料中最も消費量 (重量) が多い。銑鉄 1tあたり原料消費量は,鉱石の品位や種類,操業法によって異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

製銑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

製銑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation