@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

製鋼【せいこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

製鋼
せいこう
steel making
銑鉄,屑鉄,また鉄鉱石に,造滓溶剤,マンガン鉱,また目的に応じて合金鉄を加え,溶錬して鋼を製造する工程。転炉電気炉が多く用いられる。原料中の過剰の炭素その他の成分,不純物は酸化により除去されるが,生成酸化物中炭酸ガスなどの気体散し,他は溶剤と結合して鋼滓となる。それで操業のポイントは造滓作業にある。鋼滓の塩基度 (→鉱滓 ) により,塩基性操業と酸性操業があり,それにより炉の耐火材料も異なる。以前は高級鋼種の製造に酸性平炉が用いられたが,近年は塩基性操業が進歩したので,ほとんど塩基性製鋼で,炉は平炉から転炉に移り,酸化送風も空気から純酸素になっている (→LD転炉法 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐こう〔‐カウ〕【製鋼】
[名](スル)銑鉄を原料として鋼鉄を製造すること。また、その鋼鉄。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいこう【製鋼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいこう【製鋼】
スル
鋼鉄をつくること。 -炉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐こう ‥カウ【製鋼】
〘名〙 鋼(はがね)をつくること。銑鉄(せんてつ)を主原料にして、平炉・転炉などの製鋼炉で、硫黄・燐(りん)その他の不純物を除くと鋼が得られる。電気炉では主として屑鉄を原料とする。〔海軍工廠条例(明治三六年)(1903)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

製鋼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

製鋼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation