@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

複合蛋白質【ふくごうたんぱくしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

複合蛋白質
ふくごうたんぱくしつ
conjugated protein
加水分解によりアミノ酸以外の物質をも生じる蛋白質。蛋白質には,天然の状態で複合形をとるものが多い。グルコースガラクトース,マンノース (少量のヘクソサミンを含むことが多い) などから成る多糖類と結合して糖蛋白質となっているもの,脂質と結合してリポ蛋白質となっているものなどはその例である。酵素などでも,補酵素もしくは活性族原子団と結合している場合には,やはり複合蛋白質に含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくごう‐たんぱくしつ〔フクガフ‐〕【複合×蛋白質】
単純蛋白質に対し、アミノ酸以外に核酸色素なども含む蛋白質。生体に広く分布糖蛋白質核蛋白質色素蛋白質など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくごう‐たんぱくしつ フクガフ‥【複合蛋白質】
〘名〙 α‐アミノ酸以外に他の有機物を結合している蛋白質の総称。非蛋白質の部分を補欠分子族という。生物内に広く存在し、生理的に重要なものが多い。カゼイン、ヘモグロビンなど。⇔単純蛋白質

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複合蛋白質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

複合蛋白質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation