@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

複本位制度【フクホンイセイド】

デジタル大辞泉

ふくほんい‐せいど〔フクホンヰ‐〕【複本位制度】
本位貨幣が金となど2種類であり、両者の比価を公定した貨幣制度両本位制度。→単本位制度

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくほんいせいど【複本位制度 bimetallic standard】
異なった金属を素材とする本位貨幣が併存し,それらの間の比価(交換比率)を法定するものをいうが,その通常の形態金銀複本位制度である。本位貨幣が単一の金属のものを単本位制度という。ヨーロッパでは古くから金貨銀貨がならんで流通していたが,近代にはいって金銀両貨の比価を法定するようになり,金銀複本位制度が成立した。複本位制度では,複数の本位貨幣間の法定比価と市場比価との間に大きな開きがあらわれたとき,問題が生じ,市場価格が法定比価より大きく下落した本位貨幣だけが流通するようになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

複本位制度
ふくほんいせいど
double standard 英語
bimetalic standard 英語
Doppelwährung ドイツ語

特定の金属2種を素材とするおのおのの鋳貨をともに本位貨幣・無制限法貨とした貨幣制度をいうが、その通常の形態は金銀複本位制度である。金銀複本位制度は、同じ貨幣名をもつ金・銀鋳貨の自由鋳造(金・銀地金(じがね)を輸納して金・銀貨鋳造が求められれば政府はこれに応じること)が認められるとともに、金・銀両金属の比価(交換比率)が法定されている制度である。複本位制度は金本位制度などの単本位制度と対比した制度であるが、歴史上実際には、これもまたどちらかの金属の単本位制度であった。つまり、市場における金銀比価(地金としてのその時々の交換比率)はつねに変動するのに対して、法定比価は固定的であるため、どちらかの金属を割高に評価することとなり、結果的に割安に評価された金属鋳貨は溶解され、輸出されてしまい、割高評価の金属が本位貨幣として流通したからである。このことから、複本位制度は交替本位制度ともいわれ、銀本位制度から金本位制度への過渡的貨幣制度であった。

 なお、複本位制度のなかでもこのような典型的な制度に対して、金銀比価を法定せずに市場比価の実勢にゆだねる制度を平行本位制度とよんで区別している。

[齊藤 正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

複本位制度
ふくほんいせいど
金銀複本位制度」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複本位制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

複本位制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation