@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ふんどし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ふんどし
男子の下着の一つ。越中褌,もっこ褌,六尺褌などの種類がある。古くは犢鼻 (たふさぎ) ,肌袴 (はだばかま) といい,幅の広い帯状のものであった。鎌倉~室町時代にかけては手綱 (たづな) ,江戸時代からは下帯,褌と呼ばれるようになった。褌の語源は「踏み通し」で,肌袴の着用には両足を踏み通したことに由来するといわれる。また手綱は,古くは手拭俗称で,馬の手綱のように長いというであった。材料は,古くは麻布が用いられたが,江戸時代からは木綿布が普通となり,一部では,縮緬 (ちりめん) ,緞子も用いられた。現在では,洋式の下着の普及に伴い褌の使用は減少しつつある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふどし【×褌/犢褌】
ふんどし」の音変化。
「―も人を頼まず、帯も手づから前にむすびて」〈浮・一代男・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふんどし【×褌/犢褌】
男子の陰部をおおう布。下帯(したおび)。
女子の腰巻。
「女は襷がけで、裾をまくって…鼠色になった―を出している」〈鴎外青年
相撲の化粧回し。
将棋で、桂馬が相手の駒二つを同時に取りに行く手。盤上で丁の字形になるのでいう。
カニの腹部の生殖器の蓋板。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みつ【×褌】
《「三つ」から》相撲のまわしで、腰に巻いた部分とに股下をおおう部分とが交差する所。三つ結い。また、まわし・締め込みと同義にも用いる。「」「たて

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へこ【×褌】
ふんどし。
「棒組、主(のし)の―をはづせ」〈滑・膝栗毛・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はかま【褌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へこ【褌】
ふんどし。 棒組、のしの-をはづせ/滑稽本・膝栗毛 3
「へこづな」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みつ【褌】
みつ(三)と同源
ふんどしの、腰に回した部分と股下に回した部分とが背面で T 字状になるあたり。
相撲で、まわし。 前- たて-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ふんどし
男子の陰部を覆い隠す帯状の布をいう。形状は着装の方法によって異なり、六尺褌、越中褌、もっこ褌の3種に大別することができる。肌の帯、下の帯、下帯、下紐(したひも)ともいう。古くは犢鼻(たふさぎ)、次いで手綱とよんだ。布地は、室町時代以前は麻を用いた。江戸時代以降は白木綿を用いているが、貴人では羽二重(はぶたえ)、中流以上は白加賀絹を用い、美を好んだ者は、大幅または小幅の縮緬(ちりめん)、白い竜紋(りゅうもん)、緞子(どんす)、綸子(りんず)、綾(あや)、繻子(しゅす)などを用いた。また侠気(きょうき)のある者は緋(ひ)縮緬などを用いた。江戸時代に江戸相撲(すもう)で相撲をとるのに褌を用い、腰を二重三重に巻き、股をくぐらせて、後ろで結ぶ。一般に用いられた褌は、腰を一重巻いて後ろで結ぶ。
 六尺褌は小幅物6尺(呉服尺。1尺は36.4センチメートル)の帯状の布で、着装法は2通りある。一つは、一端で陰部を覆い、他の端を腰部に巻き付けて背後中央で片結びにして留める。他の方法は、一端を前面に広げて垂らす方法である。天正(てんしょう)(1573~92)のころは麻布などを用い、4尺ほどに切り、片方を二つ割りにして全幅を腰にあて、割ったほうを腰へ回して前で結び、全幅を股(また)をくぐらせて、前で結んだ紐の下より引き出して前に垂らした。これは越中褌と同様の形態となる。越中褌は3尺の白木綿の布の一端を三つ折り縫いにし、他方を紐が通るように縫って紐を通してT字形にし、腰にあてて、紐を前で結び、布を股ぐらを通して紐の下より引き出し、前に垂らして着す。もっこ褌は形が畚(もっこ)に似ているところからその名がある。布の両端をそれぞれに紐が通るように縫い、紐を通し、片方は足を踏み通して、片方で紐を結んで着す。
 色はほとんど白木綿(晒(さらし))であるが、褌祝いや水泳の際に赤、黄、黒など色物を用いることがある。大正時代、女子の水着に袖(そで)なしのメリヤスが現れたとき、男子は赤の褌を用いた。肌着としての六尺褌と越中褌は、全国的に着用されていたが、最近ではパンツが普及して、褌類の着用は減少し、一部の人に用いられるのみとなった。[藤本やす]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すまし‐もの【褌】
〘名〙 (いつも洗い清めるべきものの意か) ふんどし。下帯。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうさ・ぐ たふさぐ【褌】
〘自ガ四〙 (「とうさぎ」の動詞化) とうさぎをする。下帯をする。
※袖中抄(1185‐87頃)一「紅の下袴、織物の指貫にくくりもあげず、そばをはさみて褐の尻を胯より前ざまに引、たうさぎて前にはさめり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふどし【褌】
〘名〙 「ふんどし(褌)」の変化した語。
※改正増補多識編(1670頃)四「褌襠 和名 今按那礼岐奴俗云不土志(フドシ)又幾也不」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へこ【褌】
〘名〙
① 男子の股間をおおうための布きれ。ふんどし。ふどし。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふどうし【褌】
〘名〙 =ふんどし(褌)体源鈔(1512)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

褌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation