@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

褐条べと病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑

褐条べと病(トウモロコシ)
べと一種の糸状菌病。日本でトウモロコシに発生している唯一のべと病。梅雨期に入ると、黄色〜黄褐色、葉脈で区切られ、長方形〜条状、長さ0.5〜2cm、幅3ー7mmの病斑が現れる。後にこの病斑が長く延びて、赤紫色になり、葉全体が枯死する。発生は下葉にとどまることが多く、被害は現在のところ,あまり大きくはない。発生には土壌温度30℃前後が好適である。病原菌はメヒシバ類にも寄生するとされる。

出典:畜産草地研究所

褐条べと病(トウモロコシ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

褐条べと病(トウモロコシ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation