@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

褐条病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑

褐条病(トウモロコシ)
細菌病。若い葉では初め灰白色、楕円形の小病斑を生じ、これが葉脈に沿って次第に縦に広がり、幅5〜6mm、長さ30cmにも達する条斑となる。病斑部は紙のように薄くなって裂けやすくなる。ときには雌穂の上位茎部に発生し、雌穂は不稔となり、枯死するときもある。罹病葉上からは多数の細菌が検出され、これが風雨などにより飛散して伝播する。病原バクテリアはトウモロコシの他にイネアワシコクビエキビなど多くのイネ科植物に寄生する。

出典:畜産草地研究所

褐条病(トウモロコシ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

褐条病(トウモロコシ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation