@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

褐炭【かったん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

褐炭
かったん
brown coal; lignite
最下位の品質の石炭であるが,泥炭よりも炭化作用の進んだもの。褐色から鈍黒色まで色は種々ある。一般に多量の水分 (乾燥したもので6%以上,20~30%のものも少くない) ,揮発分,酸素を含む。一般燃料として使われる。日本では鉱業法上亜炭として石炭と区別しており,埋蔵量も少くあまり利用されていないが,ドイツおよび東ヨーロッパ諸国には多量に存在し,大規模に露天採掘され,成形練炭 (ブリケット) として多量に利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かっ‐たん【褐炭】
炭化の程度の低い暗褐色石炭。水分・揮発分を多く含み、燃やすとすすが多く出て、臭気が強く、火力は弱く、を多く残す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

褐炭
石炭化度の最も低い石炭で,泥炭と瀝青炭中間のランクの石炭.英国ではbrown coalとligniteは同義であるが,国による用法が異なる.ドイツではligniteは木の独立した破片がbrown coalに囲まれたものに用いる[Tomkeieff : 1954].ピート炭(peat coal)[Senft : 1857].メソカイト(mesokaite),フルヴライト(fulvurite)[Guembel : 1888].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かったん【褐炭】
広義の石炭を石炭化度によって二大別するとき,石炭化度の低い範囲のものを褐炭,高い範囲のものを狭義の石炭という。この場合の褐炭brown coalは,広義の石炭を石炭化度によって4段階(無煙炭,歴青炭亜歴青炭,褐炭)に区分をしたときの亜歴青炭(石炭化度の高いほう)と狭義の褐炭lignite(低いほう)を包含する。日本でもこの4区分はあるが,普通は褐炭という呼び方はされず,褐炭のうち,とくに石炭化度の低いものを亜炭とし,それ以外は石炭と総称している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かったん【褐炭】
炭化が不完全で褐色をした石炭。燃やすと瀝青炭れきせいたんに比べてすすが多く出て、臭気があり、火力が弱く、灰が多く残る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

褐炭
かったん
brown coal

もっとも石炭化度の低い石炭の一つで、日本工業規格(JIS(ジス))では発熱量が純炭基準で1キログラム当り5800~7300キロカロリー、粘結性を有しない石炭と規定している。炭素含有量は70~78%程度、外見は褐色で水分を多量に含有しており、風乾により容易にひび割れが生じ粉化しやすく、また自然発火をおこしやすい。第二次世界大戦前ドイツではこれをベンゼン‐アルコールで抽出してモンタンワックス(硬ろう)をとり、艶(つや)出し材その他、多方面に利用していた。また反応性が高いため石炭液化原料やガス化原料として用いられた。

 生産地としてはドイツ、オーストラリア、インドネシアなどが有名であるが、現状は自然発火性などの問題から小規模に地産地消されている段階である。これまでは発熱量が高い一般炭や粘結性の高い原料炭など良質な瀝青炭(れきせいたん)が優先的に使用されてきたが、今後、瀝青炭の枯渇化が進むなかでは褐炭をガス化したり改質したりして使いやすくするなどの新たな利用技術開発が不可欠であり、大規模な工業的利用は今後の課題である。

[大内公耳・荒牧寿弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっ‐たん【褐炭】
〘名〙 炭化程度の低い石炭。泥炭と瀝青炭の中間にあり、褐色で木質構造のある褐色褐炭(亜炭)と、光沢のない黒色の黒色褐炭(亜瀝青炭)に分けられる。水分、灰分が多く、粘結性に劣り、発熱量が低い。一般燃料用、ガス発生用。狭義には黒色褐炭をさす。
※通常金石(1882)〈辻敬之〉石類「最新しく褐色にして木理を存するものを木煤又褐炭と云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

褐炭
カッタン
brown coal

石炭化度のもっとも低い石炭.茶褐色あるいは黒褐色を示す.褐炭のなかで木質組織が多く残っているものを亜炭(lignite)ということがある.石炭のなかで褐炭は,工業分析で求めた水分や元素分析で測定した酸素量がもっとも多く,60~70質量% の水分をもつオーストラリア産褐炭のような例もある.粘結性は示さない.炭素量や発熱量(JIS規格では24~31 MJ kg-1)は少ないが,着火性にすぐれ,反応性は高い.日本では火力発電には使用していないが,褐炭資源の豊富なオーストラリアや東ヨーロッパなどでは,発電用燃料に利用されている.世界の褐炭生産量(2001年)は約9億 t で,石炭の総生産量の20% に相当する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐炭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

褐炭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation