@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

褐色森林土【かっしょくしんりんど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

褐色森林土
かっしょくしんりんど
brown forest soil
温帯湿潤気候の森林植生のもとに生じる成帯土壌一種カルシウム塩類は土壌からほとんど完全に溶脱しているが,鉄,アルミニウムの移動は起っていない。腐植を含む暗色~黒色のA層の下に酸化鉄褐色によって特徴づけられるB層があり,母材のC層は各種岩石または砂礫堆積物であって特定の母材にかぎらない。ヨーロッパで塩基飽和度のかなり高いものが褐色森林土と命名されたが,降水量の多い日本の中部に分布域をもつものは塩基飽和度が低く,弱酸性の傾向を示す。北海道から中国地方の山地に広く分布し,特にブナ林下に典型的に発達して,日本の森林土壌大半を占める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かっしょく‐しんりんど【褐色森林土】
温帯湿潤気候下の落葉広葉樹林帯に分布する褐色の土壌。表層は腐植を含んで黒褐色下層酸化鉄により褐色を示す。褐色土

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かっしょくしんりんど【褐色森林土 brown forest soil】
湿潤冷温帯の落葉広葉樹林ないしは落葉広葉樹と常緑針葉樹の混合林下に生成する成帯性土壌型。E.ラマンによって最初にその存在が明らかにされた(1905)。アメリカの土壌分類体系《Soil Taxonomy》(1975)におけるディストロクレプトあるいはユートロクレプトに相当する。 湿潤亜寒帯の針葉樹林下の場合とちがって,土壌温度や土壌水分が好適なことと広葉樹の落葉がカルシウムやマグネシウムなどの塩基類に富んでいるため,土壌微生物や土壌動物が盛んに活動して落葉落枝を急速に分解するとともに無機物とよく混合するので,表層には団粒構造のよく発達した暗色のあまり厚くないムル型の腐植層(A1層)が形成されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かっしょくしんりんど【褐色森林土】
温帯湿潤な気候下の落葉広葉樹林帯に発達する、褐色の強い色調の土壌。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

褐色森林土
かっしょくしんりんど
brown forest soil
温帯湿潤地方の広葉樹林下に広く生成している土壌。成帯性土壌(気候型土壌)の一種である。2~3センチメートルの落葉層の下に腐植を含む黒褐色のA層(表土)と酸化鉄に富む褐色のB層(下層土)が続き、その下はC層(母材)で、その地質岩石的起源は特定ではない。分布範囲は大陸内部の乾燥地を除く中緯度(亜寒帯から温帯まで)と広く、中部ヨーロッパ、アメリカ合衆国北東部、中国東北部から日本にかけての諸地域に顕著である。温帯多雨という気候の影響でカルシウムがほとんど土層から溶脱しているが、鉄、アルミニウムは移動集積をおこしてはいない。日本では平野部に火山灰層が卓越し、アンドソルが生ずるので褐色森林土は主として山地斜面に生成しており、またヨーロッパやアメリカよりも降水量が多いのでカルシウムのみならず塩基類の溶脱がより激しく、酸性の強い型になっている。隣接の高緯度側(および山地の高所側)に向かって、ポドゾルに移行し、同時に混交林から針葉樹林帯に変わってゆく。低緯度側へは、中間型の黄褐色森林土の分布域を経て赤黄色土帯に変わる。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっしょく‐しんりんど【褐色森林土】
〘名〙 湿潤温帯の落葉広葉樹林に発達する土壌型。表層は腐植を含み、一般に暗黒色、下層は黄褐色または赤褐色となる。塩基成分がかなり流失しているため、中性または弱酸性を示す。日本でも落葉広葉樹林帯に分布する。褐色土。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

褐色森林土

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐色森林土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

褐色森林土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation