@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

褐藻【かっそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

褐藻
かっそう
Phaeophyta; brown algae
藻体が褐色または緑褐色の藻類で,植物分類学上の一門。褐色を呈するのは葉緑素やβ-カロテンのほかに,フコキサンチンという赤褐色の色素をもつことによる。種類数は,世界に約 1500種,その大部分が海産で,北極から南極にかけて分布し,日本に 280種ほどが知られている。小さなものは単列の細胞から成る糸状のもの (シオミドロ) ,葉状のもの (ウミウチワ) ,樹状のもの (ホンダワラ) など形はいろいろである。海藻中最大と称されるマクロキスチス褐藻類である。生活史のうち遊泳する細胞 (遊走子,運動性配偶子,精子) はすべて2側毛を有し,その毛は異形である。生活史にはシオミドロ型,アミジグサ型,ムチモ型,コンブ型,ヒバマタ型などがあり,これにより目に分類する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かっ‐そう〔‐サウ〕【褐藻】
藻類の一群。ほとんどが海産。体制が発達し、外形上、根・茎・葉に区別できるものもある。クロロフィルのほかフコキサンチンなどの色素をもち、褐色・黄褐色を呈する。コンブ・ワカメ・ホンダワラなど。褐藻類。褐藻植物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっ‐そう ‥サウ【褐藻】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐藻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

褐藻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation