@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

襄公【ジョウコウ】

デジタル大辞泉

じょう‐こう〔ジヤウ‐〕【襄公】
[?~637]中国、春秋時代の王。→宋襄(そうじょう)の仁(じん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうこう【襄公】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょう‐こう ジャウ‥【襄公】
[一] 中国、周代の秦の君。諡(おくりな)は襄。前七七一年西戎、犬戎の侵略で幽王が殺されたとき、防戦して周を救った功で初めて諸侯となった。
[二] 中国、春秋時代の斉の君。名は諸児。諡は襄。かつての宿敵紀を討って九世の仇を復し、春秋に名をとどろかせた。子の無知に殺された。
[三] 中国、春秋時代の宋の君。名は茲父(じふ)。諡は襄。斉の桓公の後を受けて諸公の盟主となり覇を楚と争い、泓(おう)に戦ったとき、相手につまらない情をかけ、かえって傷を受けて死んだ。後世これをそしって「宋襄之仁」という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

襄公
じょうこう
?〜前637
春秋時代の宋の君主(在位前651〜前637)
斉の桓公死後覇者となろうと志したが,前638年楚に敗れた。この戦い仁義にこだわり大敗を喫したことを,後世宋襄の仁」と誹 (そし) られた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

襄公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

襄公の関連情報

関連キーワード

標準楕円体襄公[宋]脳血管障害の分類遠隔診療沖縄戦と宮城技術・人文知識・国際業務善無畏宝達山ラオス人民民主共和国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation