@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

襄渝線【じょうゆせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

襄渝線
じょうゆせん / シヤンユイシエン

中国、襄樊(じょうはん/シヤンハン)―重慶(じゅうけい/チョンチン)間の鉄道名称。延長899キロメートル。全線複線。漢水(かんすい/ハンショイ)と渠江(きょこう)(巴水河(はすいが))の流域を走り、漢丹(かんたん)線(武漢(ぶかん/ウーハン)―襄樊―丹江(たんこう/タンチヤン)間)と結んで、武漢と四川(しせん/スーチョワン)省を連絡する。揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン)と漢水の流域の険しい分水嶺(ぶんすいれい)を越える山岳横断鉄道で、1968年着工、1979年に開通した。中国の安康(あんこう/アンカン)より陽安線が分岐し、漢水上流の漢中(かんちゅう/ハンチョン)を経、陽平関で宝成線(宝鶏(ほうけい/パオチー)―成都(せいと/チョントゥー)間)に接している。

[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

襄渝線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

襄渝線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation