@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

襟付【えりつき】

精選版 日本国語大辞典

えり‐つき【襟付】
〘名〙
① 衣装を重ねて着た時の襟の様子。また、その重ねて着た上下の衣装。服装。身なり。
※狂言記・烏帽子折(1660)「『あしたの、ゑりつきは、だうした物で、あらふぞ』『まづ下には、白小袖(しろこそで)をめしませう』『して又中には』『紅梅(かうばい)がよふ御ざりませう』」
② (近世、衣服は小袖三枚襲(がさね)が定法で、貧乏人は布子一枚で薄かったので、襟元の厚薄によって貧富の判断をしたところから) その人の経済状態。ふところぐあい。また、富裕な人。
※仮名草子・是楽物語(1655‐58)上「ただゑりつきにて、まことの恋ぢにはあらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えり‐つけ【襟付】
〘名〙
① 首に濃くつける油入りのおしろい。
※洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「板を一本とゑりつけと、くこと、すきと、黒もってへを取てきや」
② 着物の襟をつけること。
※家事研究(1920)婦人改良常用服〈長尾糸〉「衿附けの印を合せてとぢをいたします」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

襟付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

襟付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation