@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【えり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


えり
衿,とも書く。首のまわりを取巻く衣服の部分の名称。古くは閉じる,結ぶ,帯びるなどのがあり,衣服の開きを閉じる部分の意に転じた。日本服装史上では中国から伝わった盤領 (あげくび) と,現代の和服に伝わる独自の垂領 (たりくび) とがある。襟に相当する英語のカラーは衣服の部分のみではなく,本来衣服に接続していなくとも,着装の際首に巻きつけるもの,たとえば首飾り,ネッカチーフなどをもさす点でいくぶん意味合いを異にする。また日本では洋装の襟ぐり線 (ネックライン) をも単に襟と呼ぶ場合があり,他方首のうしろの部分 (うなじ,襟足) の意もあって,かなり包括的に用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えり【襟/×衿/領】
衣服の首回りの部分。また、そこにつける縁どりの布。
首の後ろの部分。首筋。えりくび。
上着、下着を重ねて着て、一つに前を合わせること。「三つ―」
掛け布団の、首のあたる部分にかける細い布。
[下接語]赤襟裏襟上(うわ)襟折り襟角(かく)襟掛け襟狭(せま)襟立ち襟竪(たて)襟伊達(だて)襟突き襟詰め襟共襟抜き襟撥(ばち)襟半襟広襟坊主襟丸襟三つ襟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん【襟】
衣服のえり。
うち。心のうち。胸襟(きょうきん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん【襟】[漢字項目]
常用漢字] [音]キン(漢) [訓]えり
〈キン〉
えり。「開襟
胸のうち。心。「襟懐襟度(きんど)胸襟宸襟(しんきん)
要害の地。「襟帯
〈えり〉「襟足襟首裏襟丸襟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん【襟】
〘名〙
① 衣服のえり。えもん。→襟を正す。〔漢書‐蘇武伝〕
② 胸の中。心の中。胸襟。〔北史‐韋夐伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

襟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation