@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西吟【さいぎん】

世界大百科事典 第2版

さいぎん【西吟】
?‐1709(宝永6)
江戸前期の俳人水田,名は元清,通称は庄左衛門,別号は桜山子,落月庵,岡松軒。摂津国巌屋(現,神戸市灘区)の人。摂津守荒木村重の家臣水田和兵衛の4世。水田氏は代々和歌・連歌の風流に遊ぶ文化的家系で,西吟もはやくから大坂に出て宗因俳諧を学び,のち西鶴に属して有力な取巻きの人となった。1676年(延宝4)《昼網集》の万句を興行して俳諧宗匠となり,西翁(さいおう)(宗因)の1字を拝領して西吟を名のり,大坂中町に俳諧の会所を開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

西吟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西吟の関連情報

関連キーワード

東山天皇徳川綱吉徳川家宣徳川綱吉尚貞王元禄時代東山天皇徳川綱吉トレリアウグスト(2世)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation