@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西園寺公望【さいおんじ きんもち】

美術人名辞典

西園寺公望
政治家・公爵。京都生。慶応3年王政復古に際し参与となり、鳥羽伏見の戦いに参戦する。クレマンソー・中江兆民と交わり、自由思想洗礼を受けた。帰国して明治法律学校(明治大学)を設立し、枢密院議長を経て明治39年内閣を組織する。昭和15年(1940)歿、92才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

さいおんじ‐きんもち〔サイヲンジ‐〕【西園寺公望】
[1849~1940]政治家。10年間フランス留学、帰国後明治法律学校(のちの明治大学)を創立文相・外相・蔵相などを歴任日露戦争後、桂太郎と交互に政権を担当。のち、パリ講和会議の首席全権。昭和期は最後の元老として後継首相の奏薦に当たった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

西園寺公望 さいおんじ-きんもち
1849-1940 明治-昭和時代前期の政治家。
嘉永(かえい)2年10月23日生まれ。徳大寺公純(きんいと)の次男。西園寺師季の養子。フランス留学後,明治14年明治法律学校(現明大)を設立。伊藤内閣の文相などを歴任。36年政友会総裁,39年と44年に首相。パリ講和会議の首席全権をつとめ,最後の元老となった。昭和15年11月24日死去。92歳。京都出身。
【格言など】これで日本も滅びるのや,今から覚悟を固めておくことどすな(軍部の台頭に怒って)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さいおんじきんもち【西園寺公望】
1849‐1940(嘉永2‐昭和15)
明治,大正,昭和3代にわたり首相,元老として天皇制政権の中枢にあり,立憲主義の確立,維持に努めた公卿出身の政治家。右大臣徳大寺公純の次男で,幼時に西園寺家を継いだ。ともに摂家につぐ清華の家柄である。王政復古にあたり参与に任じられ,戊辰戦争では山陰道鎮撫総督,会津口征討大参謀となり,越後府知事となった。まもなく辞職して名も平民風に望一郎と改め,京都の邸内に家塾立命館を開いた。1870年(明治3)パリに留学し,法学者アコラスÉmile Acollasに学んで自由思想の洗礼をうけ,パリの自由な生活を楽しんだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西園寺公望
さいおんじきんもち
[生]嘉永2(1849).10.23. 京都
[没]1940.11.24. 静岡,興津
公卿,政治家。 1870年ソルボンヌ大学に留学,1880年に帰国し,明治法律学校を設立。また松田正久中江兆民らと『東洋自由新聞』を創刊したが,天皇の内勅で辞職。 1882年伊藤博文の憲法調査の外遊に随行,オーストリア公使,ドイツ公使,貴族院副議長などを歴任,第2次,第3次の伊藤内閣の文部大臣,枢密院議長を経て,1903年立憲政友会総裁。 1906年内閣総理大臣として第1次西園寺内閣を組閣。以後桂太郎と交代で政権を担当して桂園時代と呼ばれた。 1908年総辞職,1911年に第2次西園寺内閣を組閣したが,翌 1912年末,陸軍の倒閣策謀で辞任。その際,天皇の指名で元老となる。 1919年にはパリ講和会議の首席全権となる。大正末期からは最後の元老として後継首班を推薦,保守の立憲政友会,憲政会 (立憲・民政党) の両党が交代する方式をとった。しかし犬養毅首相暗殺のあと,陸軍強硬派の突出を抑えきれず,二・二六事件で軍部が実権を握り,宇垣一成の組閣が阻止されると,後継首相の推薦も逐次内務大臣中心の方式に改められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西園寺公望
さいおんじきんもち
(1849―1940)

近代の政治家、元老。嘉永(かえい)2年10月23日、京都の公家(くげ)、徳大寺公純(とくだいじきんずみ)の次男として生まれる。兄実則(さねのり)は長く内大臣、侍従長として明治天皇に近侍、弟友純(ともずみ)は住友家を継ぐ。幼名美丸(よしまる)、3歳ごろ公望を称す。号は陶庵(とうあん)。4歳のとき西園寺家を継ぐ。孝明(こうめい)天皇に近侍。王政復古の際参与(さんよ)、その識見は岩倉具視(いわくらともみ)をして賞賛せしめた。1868年(明治1)山陰道鎮撫総督(ちんぶそうとく)となり諸藩を朝廷に帰順させ、のち北国鎮撫使、会津征討越後口(えちごぐち)大参謀などとして北陸、会津の戦争に参加した。1871年よりフランスに留学、ソルボンヌ大学に入り、法学者アコラスに師事し、クレマンソーや中江兆民(なかえちょうみん)らと交遊、自由思想を身につけ1880年帰国。1881年兆民らと『東洋自由新聞』を創刊、社長となり自由民権運動の一翼を担ったが、勅命により退職した。翌1882年伊藤博文(いとうひろぶみ)の憲法調査に随行渡欧、皇室制度の調査にあたる。帰国後1884年侯爵、1885年オーストリア公使、1887年ドイツ公使兼ベルギー公使。1891年帰国し賞勲局総裁、1893年法典調査会副総裁、同年貴族院副議長、1894年枢密顧問官、賞勲局総裁。同年第二次伊藤博文内閣の文相、のち外相を兼ね、1898年第三次伊藤内閣の文相、1900年(明治33)10月枢密院議長となる。同年伊藤の立憲政友会創立に尽力し、10月第四次伊藤内閣成立時は首相病気のため首相臨時代理、伊藤の辞表提出後も臨時代理兼任首相、ついで伊藤から後継首班に推されたが謝絶。1903年7月伊藤が枢密院議長となると第2代政友会総裁となり、松田正久(まつだまさひさ)、原敬(はらたかし)の補佐を受け、動揺する政友会の復興に努力し、ポーツマス講和条約には全国的反対に抗して賛意を表した。1906年1月と1911年8月に桂太郎(かつらたろう)内閣の後を受け西園寺内閣を組織し、いわゆる桂園(けいえん)時代を現出した。憲政擁護運動では天皇より政友会鎮撫の沙汰(さた)を受けたが成功せず、責任を感じて総裁辞任。事後復職を求められたが謝絶し、1914年(大正3)原敬を総裁に推した。総裁、首相としての西園寺は、やや党内事情に暗く、また指導力、決断力においても欠けるところがあり、門地、声望と松田正久、原敬の補佐により任務を遂行したといえよう。以後は元老の一員となり、1919年パリ講和会議の全権として渡欧したが、目だった活動はなかった。

 1920年公爵。山県有朋(やまがたありとも)、ついで松方正義(まつかたまさよし)の死去により、最後の元老として後継首班奏請の全権を握った。要人が西園寺の意向を打診するため訪れた、いわゆる「西園寺(興津(おきつ))詣(もう)で」は有名。この間1924年の護憲三派内閣以後1932年(昭和7)までいわゆる「憲政の常道」の慣行をつくり、政党内閣の黄金時代を維持した。しかし政党の権威はしだいに失墜し、五・一五事件以後軍部の進出に対してもその横暴を断固抑えるのではなく、一時の変調とみなし、斎藤実(さいとうまこと)、ついで岡田啓介(おかだけいすけ)を首相としてファッショ化の波を抑え、政党内閣の復活を図ろうとしたが成功せず、逆に軍部や右翼によって宮中グループの隠然たる大御所と目された。また近衛文麿(このえふみまろ)や木戸幸一(きどこういち)らに希望を託したが成功せず、後継首班推薦の方式もしだいに内大臣を中心とした重臣との協議に切り換え、ファッショ化を憂いつつ92歳の高齢をもって昭和15年11月24日、興津の別邸で死去、国葬をもって遇せられた。娘のしん子に養嗣子(ようしし)として迎えた毛利家の八郎が後を継いだ。西園寺は高雅な文化人として、また桂太郎と対比して脱俗の人として知られた。静岡県興津の坐漁荘(ざぎょそう)は明治村に、京都の清風荘は京都大学の管理下にある。

[山本四郎]

『白柳秀湖著『西園寺公望伝』(1929・日本評論社)』『竹越与三郎著『陶庵公』(1930・叢文閣)』『小泉策太郎著『小泉三申全集第2巻 随筆西園寺公』(1939・岩波書店)』『原田熊雄述『西園寺公と政局』8巻・別巻1(1950~1952・岩波書店)』『中川小十郎著、後藤靖・鈴木良校訂『近代日本の政局と西園寺公望』(1987・吉川弘文館)』『立命館大学西園寺公望伝編纂委員会編『西園寺公望伝』4巻・別巻2(1990~1997・岩波書店)』『高橋正著『西園寺公望と明治の文人たち』(2002・不二出版)』『御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書7 西園寺公望』(2005・ゆまに書房)』『岩井忠熊著『西園寺公望――最後の元老』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいおんじ‐きんもち【西園寺公望】
政治家。公爵。号陶庵。徳大寺公純(きんいと)の二男。王政復古に参与。戊辰(ぼしん)戦争にも参加し、のちフランスに留学。明治一四年(一八八一)明治法律学校(明治大学の前身)を設立。同一五年伊藤博文の欧州憲法調査に随行。文相、外相、枢密院議長、政友会総裁などを歴任したのち、同三九年首相となる。同四四年には第二次内閣を組織した。大正八年(一九一九)にはパリ講和会議首席全権委員。のち、最後の元老として活躍した。嘉永二~昭和一五年(一八四九‐一九四〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

西園寺公望
さいおんじきんもち
1849〜1940
明治〜昭和期の政治家
公卿出身。明治初頭にフランスに留学し,自由主義思想を知り,帰国後『東洋自由新聞』を発刊。伊藤博文の信任をうけ,各国公使・文相・枢密院議長などを歴任。1903年立憲政友会総裁となり,'06〜08年と'11〜12年の2回内閣を組織。以後元老として首相推薦の任にあたる。パリ講和会議の首席全権もつとめた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西園寺公望」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西園寺公望の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation