@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西園寺家【さいおんじけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西園寺家
さいおんじけ
藤原北家閑院の一流。七清華家一家。公実の3男通季が承久の乱後,通季の曾孫で親幕派の公経が,鎌倉幕府後援を得て朝廷の実力者となり,以後幕府滅亡まで,摂関家をしのぐ勢力をもった。江戸時代末期,徳大寺家から公望が入って家を継ぎ,大正,昭和の初め,元老として政界重きをなした。家名は,公経が京都北山の別荘に営んだ西園寺による。琵琶の家としても有名。分家に四辻,菊亭洞院,正親町家などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいおんじけ【西園寺家】
藤原氏北家閑院流の公実の男通季を始祖とする堂上公家。家格は摂関家に次ぐ清華家。琵琶の家。公経(きんつね)が将軍源頼朝の(一条能保女)をめとって武家に心を寄せ,承久の乱をいち早く幕府に内報したことから幕府の信任を得て,一躍権勢を振るうに至り,乱後,家例を超えて従一位太政大臣に昇り,公武間のことを取り次ぐ関東申次(もうしつぎ)の職につき,また孫姞子を後嵯峨天皇後宮に入れ,姞子の生んだ後深草・亀山両天皇の外戚となったことから,摂関家をしのぐ勢威を得るに至った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

西園寺家
さいおんじけ

藤原氏北家(ほっけ)閑院(かんいん)流。清華家(せいがけ)。琵琶(びわ)の家としても有名。平安末期公実(きんざね)の子通季(みちすえ)を祖とする。初め大宮(おおみや)と称し、鎌倉中期曽孫(そうそん)公経(きんつね)が京都郊外北山に西園寺を造営、以来家名となった。公経は承久(じょうきゅう)の乱(1221)に北条(ほうじょう)氏を助け、乱後その後援で代々太政大臣(だいじょうだいじん)になり、また女子を后妃に入れ外戚(がいせき)として五摂家をしのぐ権勢を示した。建武新政(けんむのしんせい)には一時衰亡したが再興し、代々大臣に昇進した。幕末徳大寺(とくだいじ)家より養子になった公望(きんもち)は明治維新に活躍し、侯爵を授けられ、さらに大正・昭和初期に元老として政界の重鎮となり公爵となった。建武新政の際に伊予に逃れた一族はその地で領主化し、8代経て戦国時代末、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の四国征伐に抗し滅ぼされた。

[飯倉晴武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

西園寺家
さいおんじけ
藤原北家閑院流の家。清華家(摂家につぐ公家の家格)の一つ
琵琶の家として有名。鎌倉初期に4代公経 (きんつね) が京都北山の別荘に西園寺を建て移り住み,以後これが家名となった。代々幕府の後援により太政大臣となり,朝幕間の連絡役をつとめ,また皇室の外戚として勢威をふるった。建武の新政以後衰えたが,近代に入り公望 (きんもち) が出た。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西園寺家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西園寺家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation