@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西夏文字【せいかもじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西夏文字
せいかもじ
Xi-xia wen-zi; Hsi-hsia wên-tzǔ
西夏王国でタングート語を書き写すためにつくられ,用いられた文字。漢字に似た外見と構造をもち,6133字ある。現存するこの文字で書かれた文献には,仏典翻訳辞典などがあり,多く敦煌から出た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいか‐もじ【西夏文字】
西夏で用いられた表意文字。1036年国定文字として公布され、以後400年余り使われた。漢字によく似た形をもち、総数六千数百字。縦書きで、楷書行書草書篆書(てんしょ)書体がある。日本の西田竜雄により、その大部分が解読された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいかもじ【西夏文字】
西夏国(1032‐1227)の国定文字として,1036年に公布され,西夏国滅亡後も使われていた文字。西夏語の表記に用いられた。最も年代の新しい資料は,近年,中国河北省保定で発見された明代初期の碑文である。建国の英主,李元昊(りげんこう)が野利仁栄(やりじんえい)に作らせたと伝えられる。全体で6133字あり,漢字と似て約300種の(かんむり),(つくり)などの要素を組み合わせて(44通り)構成され,形声字,会意字が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

西夏文字
せいかもじ

1036年に公布されて、以後約400年余り使われた西夏国の国定文字。全部で六千数百字あって、書体には、楷書(かいしょ)、行書、草書、篆(てん)書がある。漢字によく似た形をもち、偏、旁(つくり)、冠(かんむり)などの要素の組合せでつくられるが、漢字とは違って象形字や指事字はなく、西夏人の独特の発想を背景として構成される会意字が圧倒的に多く、形声字もある。たとえば、「血」に皮偏をつけると「血管」になり(会意)、「空(から)」ngahを音符として「注ぐ」ngahがつくられる(形声)。左右に同じ要素を並べたり(「集」、「双」)、要素の配置を左右逆にしてつくられる対称文字「人」と「心」、「盗む」と「盗人」も特徴的である。また、基本字から派生字をつくるのに二つの手順があった。〔1〕基本字に別の要素を添加する接合法、「切る」に「金冠(かねかんむり)」をつけて「のこぎり」。〔2〕基本字の一部を別の要素と入れ替える置き換え法、「文字」の旁を「造る」の偏と置き換えて「筆」。

 文字相互の間の関連づけがおもしろい。西夏人がこのような表意文字を考案したのは、単に漢字を模倣しただけではなく、西夏国内でいろいろのことばを話す少数部族に、どのように発音しても同じ意味を伝達できる便利な通達手段を与えるためであった。種々の仏教経典、論典はもとより、法律文書、文学、詩、格言からおみくじに至るまで、多量の資料が残り、西夏人の日常生活もこの文字によって記録されている。西夏国滅亡以後もなおこの文字は使われていた。

[西田龍雄]

『西田龍雄著『西夏文字――その解読のプロセス』(1980・玉川大学出版部)』『西田龍雄著『西夏文華厳経』全3巻(1975~77・京都大学文学部)』『西田龍雄著『アジアの未解読文字』(1982・大修館書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいか‐もじ【西夏文字】
〘名〙 西夏語の文字。一〇三六年に公布、約四〇〇年間使われた。漢字にならって作られており、総数六一三三字、楷書・草書・行書・篆書(てんしょ)体がある。日本の西田龍雄により解読された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

西夏文字
せいかもじ
タングートの建国した西夏でつくられ用いられた文字
景宗李元昊 (りげんこう) の創製になるなど,諸説がある。全6133字。漢字を模倣して構成され,ほとんどが表意文字。合成文字が多く,書体に楷書・行書・草書・篆 (てん) 書があって,複雑であるが,今日ほぼ解読されている。『大蔵経』の刊行や漢籍の翻訳など盛んに行われ,西夏滅亡後もなお元代まで用いられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西夏文字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西夏文字の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation