@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西大寺【さいだいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西大寺
さいだいじ
奈良市西部の一地区。平城京の右京一条三坊・四坊の地で,地名奈良時代東大寺に対してこの地に建立された西大寺 (境内史跡) に由来。かつては農村であったが現在は近畿日本鉄道奈良線,京都線,橿原線が交わる交通の要地で,商業・住宅地としての発展が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西大寺
さいだいじ
岡山県南部,岡山市部の旧市域。1953年西大寺町と幸島村,太伯村など 9村が合体して西大寺市となり,1969年岡山市に編入。鎌倉時代末期に建立された西大観音院の門前町として発展。以来市場町港町も兼ねて繁栄した。江戸時代には海岸部の干拓が進み,大規模な新田ができた。山陽本線敷設に反対して鉄道通過地にならず,一時停滞したが,1962年国鉄赤穂線が開通して活気を取り戻し,1960年代以降住宅地化が進む。毎年 2月の第3土躍日の深夜,西大寺境内で行なわれる会陽裸祭り)の行事(→西大寺会陽)は有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西大寺
さいだいじ
奈良市西大寺町にある真言律宗総本山南都七大寺の一つ。高野寺 (たかのでら) あるいは四王院ともいう。天平神護1 (765) 年に称徳天皇勅願により創立常騰開基した。奈良時代には東大寺と並ぶ大寺であったが,平安時代にはたびたび失火にあい衰退。鎌倉時代に一時復興したが,再び退。現在の堂舎は江戸時代に再興されたもの。『十二天像』など多くの国宝を蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいだい‐じ【西大寺】
岡山市東区西大寺にある高野山真言宗の寺。山号金陵山。開創は天平勝宝3年(751)、開基は藤原泰明の娘で皆足(みなたる)姫、開山は安隆。2月第3土曜日に行われる会陽(えよう)(裸祭)は奇祭として有名。観音院。
奈良市西大寺芝町にある真言律宗の総本山南都七大寺の一。山号は秋篠山。天平神護元年(765)称徳天皇の勅願により創建。開山は常騰(じょうとう)。平安時代、災害により衰退したが、鎌倉時代に叡尊(えいぞん)が再興、戒律の根本道場となった。十二天画像・金光明最勝王経などの国宝があるほか、多数の文書所蔵。高野寺(たかのでら)。四王院。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

西大寺
奈良県奈良市にある寺院。真言律宗総本山。765年、称徳天皇の勅願により創建。南都七大寺のひとつ。境内は国指定史跡。本堂、本尊の釈迦如来立像、愛染堂の愛染明王坐像(いずれも重文)など、多数の文化財保有

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西大寺
岡山県岡山市東区にある寺院。高野山真言宗別格本山。山号は金陵山。観音院ともいう。751年開創と伝わる。本尊は千手観世音菩薩。奈良時代から伝わる奇祭、会陽(えよう)(通称「裸祭り」)は国の重要無形民俗文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいだいじ【西大寺】
奈良市西大寺芝町にある真言律宗の本山。高野寺(たかのでら)ともいう。南都七大寺・十五大寺の一つ。本尊釈迦如来。平城宮の西方に位置し,東大寺に対して西大寺と称せられた。当寺の創建は764年(天平宝字8)9月に起こった恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱の鎮定を祈願して,孝謙上皇が銅造7尺の四天王像の造立を発願したのに始まり,765年(天平神護1)に四天王像は完成し,四王院(堂)に安置され,伽藍の基が開かれた。767年(神護景雲1)2月から768年2月に及んで佐伯今毛人,大伴伯麻呂,高市麻呂などが造西大寺長官,次官大判官などに任命され,以後薬師金堂,弥勒金堂をはじめ東西両塔や十一面堂などが建立された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

さいだいじ【西大寺】
岡山市西大寺にある高野山真言宗の寺。正式の寺名は金陵山西大寺観音院。寺伝によると,古く奈良時代,周防の人藤原皆足媛の開基するところという。中世に入って,観音霊場として名高くなり,また寺地が備前第一の大河である吉井川の河口に位置して交通の要地でもあったので,門前町が発達して座商人が各地から集まり,当寺は備前南部における信仰交易,商業の中心地として栄えた。しかし,戦国期に伽藍は2回炎上し,現在の本堂,三重塔庫裏(くり),方丈仁王門,牛王殿(ごおうでん),大師堂などの諸堂はいずれも近世の建物である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

さいだいじ【西大寺】
備前国(岡山県)上道郡の南東部,吉井川右岸に発達した河港・門前町で,現在は岡山市西大寺。名刹金陵山西大寺(真言宗)の門前町として,早く中世後期には市座などで栄えた。
[西大寺市]
 金陵山西大寺の門前市。金岡東荘に属し,鎌倉末期,実検に際して作成されたと思われる西大寺観音院境内古図の裏書に,市公事が国方地頭方の支配下にあり,酒屋,魚座,餅屋,莚座,鋳物座その他の市座の公事銭の額を定めた文言がみえる。この史料は1926年に平泉澄が紹介して,日本の市座の初見史料として有名になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

西大寺
(奈良県奈良市)
南都七大寺」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西大寺
(奈良県奈良市)
日本三釈迦」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいだいじ【西大寺】
[1]
[一] 岡山市東部の地名。吉井川河口の港町、市場町として栄え、鎌倉末期からは真言宗西大寺の門前町として発達。ブドウ、ナシを産する。昭和二八年(一九五三)市制。同四四年岡山市に編入。
[二] 岡山市西大寺中にある真言宗の寺。山号は金陵山。天平勝宝三年(七五一)藤原皆足媛(みなたるひめ)の創建と伝えられる。岡山城主宇喜多氏の帰依(きえ)を受けた。現在の本堂は文久三年(一八六三)造営のもの。二月に行なわれる会陽(えよう)は裸祭として有名。
[三] 奈良市西大寺芝町にある真言律宗の総本山。南都七大寺の一つ。天平神護元年(七六五)称徳(孝謙)天皇の勅願により常騰(じょうとう)を開山に創建された。奈良時代には東大寺とならぶ大寺で隆盛をきわめたが数度の火災で衰亡。鎌倉時代に叡尊(えいそん)が再興。現在の建物は江戸時代のもの。十二天像、金銅透彫舎利塔、金光明最勝王経など多くの国宝を所蔵する。高野寺(たかのでら)。四王院。
[2] 〘名〙 奈良の西大寺で製して売った気付け薬。西大寺薬または豊心丹(ほうしんたん)、沈麝丹(ちんじゃたん)とも称した。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

西大寺
さいだいじ
奈良市西大寺町にある真言律宗の総本山。南都七大寺の一つ
765年称徳天皇の勅願により建立。東大寺と並ぶ鎮護国家の寺として栄えたが,平安時代にはたびたびの火災で衰退した。13世紀初め叡尊 (えいそん) が再興して律宗の道場となり,社会事業も行ったが,16世紀初め兵火にあい再び衰えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西大寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西大寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation