@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西太后【せいたいこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西太后
せいたいこう
Xi-tai-hou; Hsi-t`ai-hou
[生]道光15(1835).10.10.
[没]光緒34(1908).10.22. 北京
中国,清朝,咸豊帝側室で,同治帝生母である慈禧 (じき) 皇太后のこと。エホナラ (葉赫納喇) 氏の出身。咸豊没後,同治帝が5歳で即位すると,恭親王奕 訢とはかり,クーデターで反対派を一掃東太后とともに摂政となった。同治 13年 (1875) 同治帝が死ぬと,自分の妹の子を立てて光緒帝とし,みずから摂政となった。光緒 13 (87) 年から光緒帝の親政が始ったが,国政実権は西太后が握り,同 24年光緒帝が立憲君主制への転換をはかると,クーデターでこれを妨害し,帝を幽閉した (→戊戌の変法 ) 。義和団の排外運動が高揚すると,自己保身のためこれを利用し,列強宣戦を布告したが,8ヵ国連合軍の侵入を受け,敗れて西安へ逃げた。あらゆる進歩的改革に反対してきた西太后は,北京帰還後は立憲準備,実業,教育の振興などの新政を実施したが,対外的には排外政策から屈辱的外交に一転し,中国の半植民地化はますます深刻となった。革命運動,立憲運動の高揚のなかで光緒帝と相前後して死んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西太后
せいたいごう
西太后」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐たいこう【西太后】
[1835~1908]中国、の咸豊(かんぽう)帝(文宗)ので、同治帝(穆宗)の生母。諡号(しごう)、孝欽(こうきん)。慈禧(じき)皇太后とよばれた。同治帝・光緒帝(徳宗)の摂政となって政治を独占。変法自強運動を弾圧して光緒帝を閉、義和団事件を利用して列強に宣戦するなど守旧派の中心となった。シー=タイホウ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

西太后 せいたいこう
1835-1908 清(しん)(中国)の咸豊(かんぽう)帝の妃(側室)。
道光15年生まれ。子の同治(どうち)帝,ついでの光緒(こうしょ)帝の摂政となり,政治の実権をにぎる。1898年変法(革新)派を弾圧,1900年には義和団の乱を扇動して列強の中国進出をまねいた。光緒帝の死の翌日,光緒34年10月22日溥儀(ふぎ)を次の皇帝ときめて死去。74歳。尊称は慈禧(じき)太后。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

せいたいこう【西太后 Xī tài hòu】
1835‐1908
中国,清末の同治・光緒年間(1862‐1908)の最高権力者。咸豊帝の妃,同治帝の母。満州族,エホナラ氏の出。1852年(咸豊2)咸豊帝の後宮に入り,56年皇子載淳を生んだ。61年咸豊帝が死ぬと載淳が即位し,年号が祺祥と改められ,彼女は皇帝の生母として慈禧太后称されたが,同年11月恭親王奕訢(えききん)と組んで宮廷クーデタを起こして先帝の寵臣を処刑し,年号を同治と改め,先帝の皇后であった慈安太后とともに垂簾聴政を始めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいたいこう【西太后】
1835~1908 中国、清の咸豊かんぽう帝の妃。同治帝の生母。諡おくりなは孝欽。同治帝・光緒帝の摂政となり政権を握る。宮廷保守派の中心人物で、変法運動を弾圧し(戊戌ぼじゆつ政変)、また義和団を支持して列強に宣戦布告。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

西太后 (せいたいこう)
生年月日:1835年11月29日
中国,清朝の咸豊帝の側室
1908年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐たいこう【西太后】
中国、清の第九代皇帝咸豊帝(文宗)の妃。第一〇代同治帝(穆宗)の生母。諡号(しごう)は孝欽。咸豊帝の死後、同治帝、光緒帝の摂政として政治上の独裁権を発揮。革新を要求する戊戌(ぼじゅつ)の政変を弾圧して保守政治を行ない、また、義和団事件に際しては、それを扇動して排外政策をとるなど、清朝護持のための反動的な諸政策を強行した。(一八三五‐一九〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

西太后
せいたいこう
1835〜1908
清の咸豊 (かんぽう) 帝の側室
同治帝穆宗 (ぼくそう) の生母。同治帝が即位すると,咸豊帝の皇后慈安太后(東太后)とともに摂政になり,恭親王奕訢 (きようしんおうえききん) の援助と曾国藩李鴻章 (りこうしよう) ら漢人官僚の重用により,同治中興を実現。同治帝の死後,妹婿の子光緒帝を擁立し,摂政として政治を独裁した。変法運動が起こると,保守勢力を結集してこれを抑圧(戊戌 (ぼじゆつ) の政変)。義和団事件を支持し,清朝滅亡の原因をつくった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西太后」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西太后の関連情報

関連キーワード

ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリ都市自治体法シャノアーヌズーフトムソンビーダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation