@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西宮市【にしのみや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西宮〔市〕
にしのみや
兵庫県南東部,大阪湾に臨む中核市六甲山地東部から武庫平野西部にかけて広がる。 1925年市制。以後周辺の町村を編入して市域を拡大。中心市街地の西宮は西国街道と中国街道の交点にあたる交通の要地で,宿場町,市 (いち) の神である西宮神社の門前町として古くから知られ,天保 11 (1840) 年宮水が発見されたのを契機に,清酒醸造の灘五郷の中心地となった。大阪と神戸の二大都市間に位置し,自然環境と交通の便に恵まれたことから,大正末期から昭和初期にかけて香櫨 (こうろ) 園,甲子園,苦楽園,甲陽園などの高級住宅地が相次いで誕生。第2次世界大戦後は臨海埋立地,新市域の塩瀬,山口など六甲山地北斜面に住宅地化が進み,文教住宅都市として発展。伝統工業の酒醸造のほか寒天,竹籠,和紙など地場産業も多い。阪神甲子園球場,阪神パークをはじめ観光レクリエーション地にも恵まれ,蓬莱峡甲山武田尾温泉などがある。西宮神社は「西宮の戎 (えびす) さん」として親しまれる古社。 1866年に勝海舟が築いた西宮砲台 (国指定史跡) がある。中央部の六甲地区は,瀬戸内海国立公園に属する。 1995年の兵庫県南部地震では甚大な被害を被った。面積 99.96km2(境界未定)。人口 48万7850(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にしのみや‐し【西宮市】
西宮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西宮市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西宮市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation