@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西川寧【にしかわ やすし】

美術人名辞典

西川寧
書家。東京生。書家西川春洞の子。は安叔、靖闇。のもと幼児より書に親しんだが、長じて六朝書、ことに北碑に傾倒する。その清新な書作は異彩を放った。書道史学者としても論著が多い。平成元年(1989)歿、87才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

西川寧 にしかわ-やすし
1902-1989 昭和時代の書家。
明治35年1月25日生まれ。西川春洞(しゅんどう)の長男。父に師事し,北京中国文学,金石学,中国書法をまなぶ。慶大,東京教育大の教授歴任。昭和30年「隷書七言聯(れいしょしちごんれん)」で芸術院賞。44年芸術院会員。60年文化勲章。平成元年5月16日死去。87歳。東京出身。慶大卒。字(あざな)は安叔。号は靖闇。著作に「六朝の書道」「書の変相」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西川寧
にしかわやすし
[生]1902.1.25. 東京
[没]1989.5.16. 東京
書家。書家・西川春洞の長男として生まれ,幼少より書に親しむ。 1926年慶應義塾大学中国文学科を卒業。 1930年泰東書道院,1933年謙慎書道会結成に参加。 1934年から母校で講師,その後教授となる。そのかたわら,東京教育大学,國學院大學,東京大学でも教えた。外務省在外特別研究員として 1938~40年北京に留学し,中国文学,金石学を研究。 1947年からは東京国立博物館調査員として,中国書跡の調査・研究にあたる。 1948年,日展の第5科 (書道) 開設に伴い審査員,以後常務理事として指導的立場にあった。 1960年『西域出土晋代墨蹟の研究』で文学博士号を取得。古文書研究のために中国のみならずヨーロッパにまで足を運んだ。重厚な篆隷体を基盤に,古典の精神を現代によみがえらせる力強い筆致で,書道界に新たな時代を画し,日本芸術院賞受賞作の『隷書七言聯』 (1955) は代表作。『書というもの』『猗園雑纂』などの著書もある。 1969年日本芸術院会員。 1977年文化功労者。 1985年文化勲章を受章

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西川寧
にしかわやすし
(1902―1989)
書家、書法学者。字(あざな)は安叔(あんしゅく)、号は靖庵(せんあん)(青闇)。書家春洞(しゅんどう)の長男として東京・向島(むこうじま)に生まれる。幼年より書に親しみ、慶応義塾大学で中国文学を専攻、のち河井(せんろ)に師事。1940年(昭和15)外務省在外特別研究員として北京(ペキン)に留学し、中国文学および金石学、中国書法を研究。六朝(りくちょう)書の北碑に傾倒し、これを根底に現代感覚を加味した書風を創始した。また篆刻(てんこく)をよくし、文人画にも長ずる。48年(昭和23)より日展審査員。69年芸術院会員、77年文化功労者となり、85年文化勲章を受章。中国書道全般に関する深い造詣(ぞうけい)と学識により高い評価を得た。『六朝の書道』『書の変相』など多くの著書がある。[角井 博]
『『書の変相』(1960・二玄社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西川寧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西川寧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation