@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西川祐信【にしかわ すけのぶ】

美術人名辞典

西川祐信
江戸中期の浮世絵師。京都生。は自得・自得・文華堂、通称は祐助・孫右衛門・右京。初め狩野永納土佐光祐を学び、のち菱川師宣らの風を摂取して浮世絵師に転向。上方浮世絵界の開拓者的存在である。寛永3年(1750)歿、80才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

にしかわ‐すけのぶ〔にしかは‐〕【西川祐信】
[1671~1750]江戸中期の浮世絵師。京都の人。号、自得叟・文華堂など。西川派。初め狩野派を学び、さらに大和絵画法を会得し、折衷した画風確立。肉筆美人画を得意とした。また、絵本作家として浮世草子挿絵を多数描いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

西川祐信 にしかわ-すけのぶ
1671-1750 江戸時代中期の浮世絵師。
寛文11年生まれ。京都の人。狩野永納(かのう-えいのう)らにまなんだという。挿絵画家として「百人女郎品定(しなさだめ)」などおおくの絵本に作画し,肉筆美人画にもすぐれた。鈴木春信ら江戸の浮世絵師におおきな影響をあたえた。寛延3年7月19日死去。80歳。通称は宇右衛門。号は自得叟,文華堂など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

にしかわすけのぶ【西川祐信】
1671‐1750(寛文11‐寛延3)
江戸中期,京都の浮世絵師。元禄年間(1688‐1704)の後期から没年まで半世紀をこえる長期間,木版絵本,挿絵本への作画や肉筆画の制作に活躍した。幼名庄七郎。通称宇右衛門,祐易,右京。号は自得叟,自得斎,文華堂。京都柳馬場綾小路下ルに居住した。はじめ八文字屋本の挿絵画家として出発,1723年(享保8)に女性風俗絵本《百人女郎品定》を刊行して好評を博し,以後多数の絵本を発表した。優麗な肉筆美人画にもすぐれ,上方浮世絵界の第一人者として重きをなした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西川祐信
にしかわすけのぶ
[生]寛文11(1671).京都
[没]寛延3(1750).7.19. 京都
江戸時代中期の京都の浮世絵師。名は祐助,孫右衛門のち右京。号は自得斎,文華堂など。狩野派や土佐派を学び,肉筆浮世絵や百数十種の絵本を描く。享保以降の江戸の浮世絵 (鈴木春信ら) に影響を与えた『絵本倭比事』 (1742) の付録『画法彩色法』は,画論として有名。主要作品『柱時計と美人図』 (東京国立博物館) ,『百人女郎品定』 (23) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西川祐信
にしかわすけのぶ
(1671―1750)

江戸中期の京都の浮世絵師。上方(かみがた)浮世絵の前半期を代表する美人風俗画家で、幼名庄七郎(しょうしちろう)、俗称宇右衛門(うえもん)。西園寺致季公の御家人(ごけにん)となり右京と称す。号は自得叟(じとくそう)、自得斎、文華堂。狩野永納(かのうえいのう)および土佐光祐(みつすけ)に学んだといわれ、加えて菱川師宣(ひしかわもろのぶ)、吉田半兵衛風などを摂取して、写実を基礎とした豊麗にして品格のある女性表現に新様を打ち出し一流をなした。すでに1699年(元禄12)ごろから八文字屋本の挿絵画家として活躍、1723年(享保8)刊の『百人女郎品定(ひゃくにんじょろうしなさだめ)』を機に絵本中心に作画し、60種を超える絵本を刊行、奥村政信(まさのぶ)、鈴木春信(はるのぶ)など江戸の浮世絵師にも多大の影響を及ぼした。代表作は『絵本常盤草(ときわぐさ)』(1731)、『宮詣(みやもうで)図』(1幅、ワシントン、フリーア美術館)、肉筆画『柱時計と美人図』(1幅、2種、東京国立博物館ほか)などがある。

[浅野秀剛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にしかわ‐すけのぶ【西川祐信】
江戸中期の浮世絵師。京都の人。号は文華堂・自得叟。はじめ狩野・土佐の二派に学び、さらに菱川師宣らの江戸浮世絵の画風を取り入れて一派を成し、絵本作家として活躍。肉筆美人画にもすぐれ、江戸の浮世絵師に大きな影響を与えた。代表作は「女性風俗絵本」「百人女郎品定」。寛文一一~寛延三年(一六七一‐一七五〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

西川祐信
にしかわすけのぶ
1671〜1750
江戸中期の浮世絵師
京都の人。狩野派・土佐派を学び,さらに菱川師宣 (もろのぶ) の画風をとり入れて美人画に長じ,京坂浮世絵界の第一人者となった。代表作に『役者口三味線』『絵本浅香山』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西川祐信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西川祐信の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation