@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西廂記【せいそうき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

西廂記(せいそうき)
せいそうき
中国、元(げん)の雑劇(ざつげき)作品。「せいしょうき」ともいう。王実甫(おうじっぽ)作。13世紀後半、雑劇が大都(だいと)(北京(ペキン))を中心として最初の隆盛期を迎えた時期の作品。遊学の途中の書生張(ちょうきょう)と崔相国(さいしょうこく)の娘鶯鶯(おうおう)が、蒲州(ほしゅう)(山西省)東郊の普救寺を舞台に繰り広げる物語は、もとは元(げんしん)の小説『鶯鶯伝(会真記)』から出ている。唐の伝奇小説では、女が家柄の差をあきらめて身を引いて他に嫁して終わるが、宋(そう)代以降の民間演芸に語り継がれるなかで、文学土壌の変化を写して、あえて、封建道徳の教えにあらがい、父母の決めた婚約者を押しのけて恋を成就するものに変わっていく。侍女紅娘(こうじょう)の助けを借りて、2人がついに相国未亡人に結婚を認めさせ、張の状元(じょうげん)及第任官を待って団円するというストーリーは、すでに諸宮調(しょきゅうちょう)『董解元(とうかいげん)西廂記』に語られているところだが、王実甫はそれを改めて5本21折の長編雑劇に脚色した。純粋で誠実な張、ためらいつつも大胆な鶯鶯、聡明で溌剌(はつらつ)とした紅娘、頑迷固陋(ころう)の相国未亡人と、登場人物の性格がすっきりと描き分けられ、場面構成もより多彩になって、諸宮調を超える高い文学的完成をみせている。優美な雅文調に口語の生気を調和させた曲詞もまた元曲の代表的な達成の一つにあげられ、後続の戯曲に多大の影響を与えた。通例の雑劇を5本重ねて、主要人物がみな歌う場面をもつという、雑劇としては破格の構成であったことも幸いして、明(みん)代に入って流行の中心が長編構成の南曲伝奇に移ったのちも、北曲脚本としては例外的に、南方の地方調の演劇に移されて上演が続けられた。伝奇『琵琶記(びわき)』と並んで数多くの評注校刊本が出版されたが、清(しん)代に入って金聖嘆(きんせいたん)の、末尾4折を削って張の旅立ちを結末とした悲劇仕立ての『第六才子書西廂記』が出てからは、もっぱらそれが読まれた。明・清2代の伝奇、雑劇には、李日華(りじっか)、陸采(りくさい)の両『南(曲)西廂記』をはじめ多数の改編本、続編本がつくられている。[傳田 章]
『田中謙二訳「元曲西廂記」(『中国古典文学大系 52 戯曲集 上』所収・1960・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西廂記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西廂記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation