@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西根【にしね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西根
にしね
岩手県北西部,八幡平市南東部の旧町域。岩手山北東麓から,七時雨山南麓にまたがる。 1956年大更村,田頭村,平館村,寺田村の4村が合体,西根村となり,1961年町制。 2005年安代町,松尾村と合体して八幡平市となった。地名は近世以来の岩手山東麓の呼称による。米作酪農,野菜栽培などの農業が主産業。享保4 (1719) 年の岩手山噴火によって生じた焼走り熔岩流 (国指定特別天然記念物) のほか,いこいの村岩手,岩手山焼走り国際交流村などがあり,北部の七時雨山麓には七時雨鉱泉がある。 JR花輪線が通り,大更駅は見返峠を経て八幡平への登山口にあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西根
にしね
岩手県北西部、岩手郡にあった旧町名(西根町(ちょう))。現在は八幡平(はちまんたい)市の東部を占める地域。1956年(昭和31)大更(おおぶけ)、田頭(でんどう)、平館(たいらだて)、寺田の4村が合併して西根村となり、1961年町制施行。2005年(平成17)岩手郡松尾村(まつおむら)、安代町(あしろちょう)と合併して市制施行、八幡平市となった。JR花輪線、国道282号、東北自動車道が通じ、西根インターチェンジがある。北部に七時雨山(ななしぐれやま)、南西部に岩手山があり、約60%が山林・原野で、肉牛・乳牛飼育が盛ん。ブロイラー処理工場や野菜真空予冷施設などがあり、盛岡北部工業団地も造成されている。岩手山山麓(さんろく)に特別天然記念物「焼走り熔岩流(やけはしりようがんりゅう)」があり、近くに岩手山焼走り国際交流村キャンプ場やいこいの村がある。[川本忠平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation