@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西洋雑誌【せいようざっし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西洋雑誌
せいようざっし
幕末から明治初年にかけて発行された民間啓蒙雑誌。慶応3 (1867) 年 10月創刊神田孝平らの知識人が執筆し,社会事象のみならず,哲学宗教から自然科学にわたって啓蒙的論述を行なった。発行者の柳河春三が死去して明治2 (69) 年廃刊

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

西洋雑誌
幕末期の洋学者、柳河春三(しゅんさん)が1867年10月に創刊した日本初の定期刊行雑誌。発行元は江戸開物社。ヨーロッパの歴史や人物伝、物理化学などの情報を紹介。1869年9月までに6巻を刊行したが、柳河の病死により廃刊。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいようざっし【西洋雑誌】
幕末・維新期に定期的に発行された日本最初の雑誌。洋学者柳川春三(やながわしゆんさん)が1867年(慶応3)10月に創刊し,69年9月に第6号で廃刊した。ヨーロッパの歴史,物理,化学などの啓蒙記事を掲載し,ヨーロッパの学問の啓蒙に貢献した。柳川のほか宇都宮三郎,神田孝平(たかひら),田中芳男らが執筆陣に加わっている。【山本 武利】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいようざっし【西洋雑誌】
1867年(慶応3)柳河春三が創刊した日本最初の定期刊行雑誌。主に西洋の自然科学事情を紹介した。69年の巻六まで発行。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西洋雑誌
せいようざっし
洋学者柳河春三(やながわしゅんさん)が1867年(慶応3)10月に創刊したわが国最初の月刊雑誌。創刊の意図は、西欧において月々出版されているマガセイン(マガジン=雑誌)に倣い「広く天下の奇説を集めて、耳目を新(あらた)にせん」がためであった。内容は、西欧諸国の歴史や人物伝のほか、化学、植物、鉱物などに関する新しい知識の翻訳紹介が中心になっている。執筆者は柳河のほか、神田孝平(たかひら)、田中芳男(よしお)、宇都宮鉱之進、喫霞(きつか)仙史である。巻五まで発行して中絶、69年(明治2)9月、巻六を発行したが、柳河の病死により自然廃刊。木版、和紙小形本。発行所は江戸開物社。[矢作勝美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいよう‐ざっし セイヤウ‥【西洋雑誌】
[1] 〘名〙 西洋で発行されている雑誌。洋雑誌。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉女学者「床の間には西洋雑誌の附録らしいクリスマスの饗応(もてなし)のクロム絵を」
[2] 啓蒙雑誌。慶応三年(一八六七)一〇月、柳河春三らによって創刊。江戸開物社発行。日本最初の月刊雑誌で、主に西洋の学術記事を訳載した。明治二年(一八六九)巻六で廃刊。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西洋雑誌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西洋雑誌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation