@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西漸運動【せいぜんうんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西漸運動
せいぜんうんどう
Westward Movement
アメリカの東海岸から西方太平洋岸までの,西部開拓地への定住地の拡大と人口移動をいう。初め東海岸十三植民地から始ったアメリカは,その領土をイギリスからの独立によってミシシッピ川まで,また 1803年のルイジアナ購入によってロッキー山脈まで,さらに 45年のテキサス併合,46年のオレゴン併合,48年のアメリカ=メキシコ戦争の結果によるカリフォルニア,ニューメキシコなどの獲得により広げていき,大西洋より太平洋に達したので,その西漸運動は北アメリカ全体をおおう大規模なものになった。西漸は一般に,毛皮を求める猟師や毛皮商人,土地投機師,牧畜業者,農民という順序で行われ,最後に町や工場が出現していった。アメリカの国勢調査では 2.6km2 (1平方マイル) につき人口2人以下を未開拓地とし,この未開拓地と 2.6km2あたり2人以上の人口を有する既住地域との境界線をフロンティアとするが,このフロンティアは 1790年にはアパラチア山脈を越え,1830年にはミシシッピ川に達し,そして 19世紀なかばにはゴールド・ラッシュなどのため一挙にロッキー山脈を越える地域に進出した。 90年の国勢調査報告書はフロンティアの消滅を告げた。広大な西部への間断ない人口移動は,豊かな農民層の増加,東部工業都市における恒常的な労働力不足,国内市場と原料供給地の形成をもたらしたが,自然を相手とするフロンティアでの生活が,独立自営,相互扶助などを中心とするアメリカ民主主義の誕生に貢献したといわれている。しかし,西漸運動そのものが先住民族インディアンの追放,殺害と彼らからの土地奪取の過程であったことは見逃しえない事実である。そこから暴力による事態の解決という,フロンティア生活の一面が生じた。 (→マニフェスト・デスティニー )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいぜん‐うんどう【西漸運動】
米国の歴史上、東部から太平洋に及ぶ西方地域に向かって人々が移住した動きをいう。植民地時代から、19世紀末まで続いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいぜんうんどう【西漸運動 westward movement】
アメリカ史で人口が絶えず東から西へ移動していった現象をいう。アメリカ人をして西部へ向かわせた動機は,多くの場合,生活の向上にあったといってよい。資源に恵まれ人口が少なかった西部には,経済的・社会的成功を約束する機会が豊富に存在したのである。西漸運動は,17世紀初め,北アメリカ大西洋岸沿いにイギリス植民地が建設された当初から開始された。初めのうちはゆっくりと進み,白人定着地の外側に当たるフロンティアアパラチア山脈を越えるまでに,植民地時代のほぼ全期間,約150年を要した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいぜんうんどう【西漸運動】
アメリカ合衆国史における、東部大西洋岸から西方地域へのたえまない拡張・開拓・移住の運動。植民地時代に始まり、独立革命後、急速に促進されてそのフロンティアはアパラチア山脈を越え、一九世紀半ばには太平洋岸に達する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西漸運動
せいぜんうんどう
Westward Movement
アメリカ合衆国の歴史を通じ、人口が絶えず東から西へ移動した現象をいう。世界の歴史をみても、アメリカの西漸運動ほど、長期間にわたり、間断なく、しかも大量に人口が移動した例はほかに見当たらない。アメリカ人をそのように西部へ引き寄せた誘因は、ひと口でいうならば、東部よりも西部のほうが土地や資源に恵まれ、人口密度が低く、よりよい生活と経済的な向上を約束する機会が豊富にあったからということに尽きるであろう。
 西漸運動は、17世紀の初頭、北アメリカ大陸の大西洋岸にイギリスの植民地が建設されて、しばらくたつと早くも始まっている。独立革命が勃発(ぼっぱつ)する18世紀後半には、アメリカ人の定着地の最前線、すなわちフロンティアは、アパラチア山脈を越え、1830年ごろにはミシシッピ川を渡り、19世紀なかばには大平原(グレート・プレーンズ)の入口に到達した。その後、オレゴンやカリフォルニアなど太平洋岸にひと足先に定着地が形成されるが、最後の未開拓地大平原も、1870年代以降急速に農民の入植が進んで、90年にはいわゆる「フロンティアの消滅」を迎えるのである。しかし、西漸運動はそこで止まったわけではなく、現代に至るまで続いている。とくに第二次世界大戦以降の西部、なかでも南西部の人口増加は著しい。それは、1790年の第1回国勢調査から現在までのアメリカの人口重心の西方移動の軌跡をみても明らかである。最初東部のメリーランド州にあった人口重心は、現在までに中西部のイリノイ、ミズーリ両州の境界線近くへと着実に移ってきているが、第二次大戦以後、移動のペースは増し、そして南寄りに下がる傾向がみられる。[平野 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいぜん‐うんどう【西漸運動】
〘名〙 米国で、植民地時代から一九世紀末までの、東部から太平洋に及ぶ西方地域へと人々が移住した動き。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

西漸運動
せいぜんうんどう
Westward Movement
アメリカ史上,白人の開拓移住が漸次西方に拡大し,大西洋岸から太平洋岸に達した長期間の運動
1635年,マサチュセッツ植民者の一部がコネティカットに移住したのに始まり,19世紀の終わりまで続く。1812年の米英戦争後から南北戦争までの間が最盛期。フロンティア(辺境)開拓をめざす農業移民は,アメリカ独立戦争のころにはアパラティア山脈を越え始め,1830年代にはミシシッピを越えてミズーリ・アーカンソーに達し,40年代には辺境は一躍ロッキー山脈を越えて太平洋岸に及び,カリフォルニアに金鉱も発見された。辺境開拓は植民会社や政府の援助にたよらず,ほとんど個々の家族や小集団の手で行われた。先住アメリカ人は,これによって居住地を奪われ,劣悪な境遇に置かれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西漸運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西漸運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation