@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西田幾多郎【にしだ きたろう】

美術人名辞典

西田幾多郎
哲学者・文学博士石川県生。号は寸心・松塢。東大哲学科卒。各地の中学・高校で教鞭をとり、のち京大哲学科教授となり、哲学・哲学史第一講座を担当。主著研究』により、〈独創的な哲学者〉〈日本の哲学の指導者〉といわれ、いわゆる〈西田哲学〉を確立させていった。文化勲章受章。昭和20年(1945)歿、76才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

西田幾多郎
石川県宇ノ気村(・かほく市)生まれ。東京帝大選科を修業後、出身校の旧制四高の講師などを経て京都帝大で教壇に立つ。「善の研究」を発表し、西洋哲学東洋思想を持ち込んだ独自の哲学を展開した。
(2018-06-01 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

にしだ‐きたろう〔‐キタラウ〕【西田幾多郎】
[1870~1945]哲学者。石川の生まれ。京大教授。東洋思想の絶対根底に置き、それを理論化して西洋哲学と融合する西田哲学を樹立した。文化勲章受章。「善の研究」「芸術道徳」「哲学の根本問題」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

西田幾多郎 にしだ-きたろう
1870-1945 明治-昭和時代前期の哲学者。
明治3年5月19日生まれ。山口高,四高などの教授をへて,大正2年京都帝大教授となる。明治44年主客未分の純粋経験をキーワードにした「善の研究」を刊行。場所の論理,行為的直観,絶対矛盾的自己同一などの概念によって西田哲学といわれる独自の体系をきずく。昭和3年退官後も思索をふかめ,死を間近にして「場所的論理と宗教的世界観」を完成させた。15年文化勲章。昭和20年6月7日死去。76歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。号は寸心。著作はほかに「働くものから見るものへ」「自覚に於(お)ける直観と反省」「哲学の根本問題」など。
【格言など】ただ一つの思想を知るということは,思想というものを知らないというに同じい(「続思索と体験・「続思索と体験」以後」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

にしだきたろう【西田幾多郎】
1870‐1945(明治3‐昭和20)
哲学者。近代日本の代表的哲学者として,その哲学はしばしば〈西田哲学〉と呼称される。石川県に生まれ,1894年東京大学哲学科選科を卒業,96年に金沢の第四高等学校講師,次いで教授となった。そのころから,物心両面苦悩のうちに参禅の経験を重ねたが,やがて当代の日本に広い影響を与えていたT.H.グリーンの理想主義的人格主義倫理学やW.ジェームズの純粋経験の哲学にも学びつつ,主客未分の〈純粋経験〉の世界を実在の根本実相と観ずる立場に到達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にしだきたろう【西田幾多郎】
1870~1945 哲学者。石川県生まれ。京大教授。西洋哲学の伝統と対決しつつ、禅などの東洋思想を統合、これを「場所」「絶対無」「絶対矛盾的自己同一」などの理論で表現する宗教的色彩の強い思弁哲学を説いた。近代日本独自の哲学として大正・昭和期の思想に深い影響を与えた。著「善の研究」「思索と体験」「場所的論理と宗教的世界観」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西田幾多郎
にしだきたろう
[生]明治3(1870).5.19. 石川
[没]1945.6.7. 鎌倉
哲学者。 1894年帝国大学哲学専科卒業,各地の学校で教鞭をとり,1910年以後京都帝国大学で倫理学,宗教学,次いで哲学を教授。その間『善の研究』の各編を発表 (1911) 。「純粋経験」を唯一の実在としてそれを自己の根本的立場とした。『自覚に於ける直観と反省』 (17) ,『一般者の自覚的体系』 (30) を経て,『無の自覚的限定』 (32) にいたって彼の哲学は体系化されるが,その軌跡は東洋の形而上学的原理である絶対的無を論理化することによって,有を原理とするヨーロッパの哲学を超克,包含する過程であった。 40年文化勲章受章。周辺には田辺元,波多野精一,和辻哲郎らの優秀な哲学者が集り,また天野貞祐,三木清らはその門下生。『西田幾多郎全集』 (19巻,65~66) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西田幾多郎
にしだきたろう
(1870―1945)
哲学者。石川県金沢市近傍の宇ノ気村(現、かほく市)に生まれる。号は寸心。明治維新後、欧米の学問、芸術が入り、新日本の文化万般がその様式において根本的な変革と前進を始めた時期、欧米の現代哲学を紹介するのみならず、その優れたものを自家薬籠(やくろう)中のものとし、これを日本精神史、わけても武家時代以後、日本民族の精神的、宗教的生活の中核をなしてきた仏教(別して禅)と儒教の精髄を統合して独自の哲学を創建した最初の代表的哲学者である。ときどき発表した論文を集めて1冊の著書としたのが『善の研究』(1911)である。これは明治維新以来の欧風化を進める近代日本にとって、最初の独創的な哲学書とみるのが通説のようである。
 学制定まらず変革激しい明治初期であるが、初中校を経、のちに金沢の第四高等学校となる高等中学を経(目を病み中途退学する)、東京帝国大学文科大学哲学選科にて学ぶ。卒業後、金沢四高教授、学習院教授等を経、1910年(明治43)京都帝国大学文科大学助教授となる。哲学、倫理学、さらに宗教哲学も講ずる。1913年(大正2)文学博士。翌1914年より『自覚に於(お)ける直観と反省』なる論文を京大哲学科の機関誌『芸文』に、のちに新設の機関誌『哲学研究』に続いて発表、回を重ねること前後44回、5年にわたる。まもなく岩波書店より同名の標題の著書として出版される。『善の研究』と並び、この2書は大正年代の哲学青年・学徒に与えた影響すこぶる大であった。特別結論とか新学説とか銘打たれるようなものを産出した著述ではなく、とくに『自覚に於ける直観と反省』は、著者自身「此(この)書は余の思索に於ける悪戦苦闘のドッキュメントである。幾多の紆余(うよ)曲折の後、余は遂(つい)に何等の新しい思想も解決も得なかったと言はなければならない。刀折れ矢竭(つ)きて降を神秘の軍門に請ふたという譏(そしり)を免(まぬがれ)ないかも知れない」と序に述べている。
 1940年(昭和15)文化勲章受章。[高山岩男]

西田哲学の本質

哲学を学ぶとは「哲学する」philosophierenことを学ぶことだとは、ほかならぬドイツ哲学の始祖といってよいカントのいったことばである。半世紀にわたって西欧の哲学界を魅了したいわゆるドイツ観念論の哲学者たちを輩出させた本当の根源を、筆者はこのカントの「哲学する」という哲学の魂に存すると考えてきている者であるが、日本の哲学学徒を魅了し、世間に「京都哲学」とか「京都学派」とかよばれるようになった根源は、西田幾多郎の「講義」の姿にあると信じている。京都大学教授の停年も近づく数年間は、大講堂があふれるというだけでなく、学生のほか、近県で教鞭(きょうべん)をとる卒業生をはじめ、他の学部の教授・助教授がそのなかに混じって聴講し、講壇上を和服姿で行きつ戻りつする西田の姿を追い、水を打ったように静かであった講義風景を、筆者はいまなお思い出すことができる。
 このような西田哲学も――「西田哲学」という日本では珍しい呼び方をした最初の人は、東京商科大学(現、一橋(ひとつばし)大学)の教授だった左右田喜一郎(そうだきいちろう)である――停年が近づく大正末年の講義において大きな変換をし始め、「場所」という珍しい用語が飛び出し、やがて同名の論文が機関誌『哲学研究』に掲載された。場所ということばはなにも珍しくない日常語で、プラトンにも「イデアの場所」という概念があり、事実西田もこれを講義で援用したが、晩年の場所の哲学を理解するにも、またそれ以前の長い「悪戦苦闘のドッキュメント」時代の西田哲学を理解するにも、次の重大なことをここに記しておかなければならない。それは金沢時代からの西田の仏教、別して禅に対する深い関心と参禅修行のことで、これを抜きにしては西田哲学なるものを真には理解できないのである。[高山岩男]

西田哲学と禅

西田幾多郎と禅との関係はいつ始まるか直接に聞きただしたことはないが、前記の四高に入校したとき、同級に鈴木大拙(すずきだいせつ)がいた。この鈴木大拙が早く、そしてまた生涯禅と離れず、英文の『禅論文集』をもって世界に知られた人物であることは周知のとおりである。西田寸心がこの鈴木大拙と四高以来きわめて親密な間柄にあることは西田に接近している人の知るとおりで、禅の話を尋ねると大拙に聞けとか、京大時代のもっとも古い門弟久松真一に聞けとかいわれたものである。
 西田がいかに禅に凝ったかは、残された若い時代の日記ですぐわかるが、年譜(『西田幾多郎全集』第19巻)を検しても、28歳のころ参禅の関心高まり、雲門、滴水(1822―1899)、広州、虎関(こかん)の4禅師を歴訪しており、京都妙心寺にての夏の大接心に7日間参加をはじめ、妙心寺での参禅は続いており、30歳ころからは金沢郊外臥龍山(がりょうざん)雲門老師に参じ続けたもののようである。「寸心居士」の号はこの雲門老師より受けている。いまこれ以上言及しないが、注意したい点は、この禅を離れて西田のきわめて独自な哲学は成立しなかったであろうし、逆に、西洋人で西洋哲学を学び、優秀な哲学者となった人が日本にきて参禅したとしても、西田哲学風の哲学に違和感は避けられず、自らこの種の立場を建設することはできないであろうということである。
 西田哲学と禅との関係は、単に禅語を使用するという風の外面的のものでなく、禅体験と内面的に融合した思索が禅語と異なる哲学用語となり(たとえば絶対無の場所など)、その論理となるということである。
 西田は京都大学に赴任する前、学習院に教授として教鞭をとった(1909)。ごく短い1年の期間であったが、この期間に近衛文麿(このえふみまろ)(公爵)をはじめ、貴族の子弟が西田に影響され帰依(きえ)したようである。西田が京大教授として京都に移るや、近衛は京都大学に入学(文学部ではない)、西田と会合する機会をつくって教えを受けていたもののようである。太平洋戦争の雲行き暗く、政界の暗幕下でひそかに動くなかから西田の名を聞くに及んで、筆者は、西田と直接間接、政界になにかの関係があったのでないかと思っている。[高山岩男]
『『西田幾多郎全集』全19巻(1965~1966・岩波書店) ▽『西田幾多郎遺墨集』1巻(1977・燈影舎) ▽『西田幾多郎全集 新版』全24巻(2002~2009・岩波書店) ▽荒井正雄著『西田哲学読解――ヘーゲル解釈と国家論』(2001・晃洋書房) ▽竹村牧男著『西田幾多郎と仏教――禅と真宗の根底を究める』(2002・大東出版社) ▽小林敏明著『西田幾多郎の憂鬱』(2003・岩波書店/岩波現代文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にしだ‐きたろう【西田幾多郎】
哲学者。石川県出身。東京帝国大学卒。日常経験としての純粋経験と坐禅の体験とを融合して、主観・客観が分離する以前の原初的な純粋経験という独自の立場を創造し、その主体を人格とした。晩年、日本的な「無」の哲学を主張。京都帝大教授。文化勲章受章。著「善の研究」「自覚における直観と反省」「無の自覚的限定」など。明治三~昭和二〇年(一八七〇‐一九四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

西田幾多郎
にしだきたろう
1870〜1945
明治〜昭和期の哲学者
石川県の生まれ。東大卒。中学校教諭を経て,旧制四高(現金沢大学)・学習院教授などを歴任,1913年京大教授となる。もっぱら坐禅・読書・思索に頭し,処女作『善の研究』(1911)で,根本思想を確立。ドイツ観念論の影響のうえに東洋的色彩の濃い観念論哲学である西田哲学をつくり上げた。1940年文化勲章を受章。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西田幾多郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西田幾多郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation