@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西門豹【せいもんひょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西門豹
せいもんひょう
Xi-men bao; Hsi-mên pao
中国,戦国時代の政治家。魏の文侯に仕えて (河北省磁県) のとなり,巫祝と結託して庶民をたぶらかしていた富豪らを誅したという。のち灌漑事業を起し,農業生産の増大功績をあげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいもんひょう【西門豹 Xī mén Bào】
中国,戦国魏の政治家。生没年不明。文侯(在位,前445‐前396)のときに鄴(ぎよう)(河北省臨漳県の西)の県令となった。〈さいもんひょう〉とも読む。この地方には毎年,娘を河伯(黄河の神)の嫁として河水に沈める人身供犠が行われていた。彼は着任すると,主唱者の巫祝を河に投じてこの弊習を改め,ついで民を発して12条の用水路(いわゆる西門渠)を開き,田地を灌漑してこの地を富ましめたといわれる。【永田 英正】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

西門豹
せいもんひょう

生没年不詳。中国、戦国時代初期の魏(ぎ)の文侯に仕えた官僚。鄴(ぎょう)(河北省磁県)の令(地方長官)となったが、当時、鄴では、黄河の氾濫(はんらん)を防ぐため河伯(かはく)(黄河の神)の嫁として毎年、娘を黄河に捧(ささ)げる迷信的行事が行われていた。彼はこの行事の指導者である巫(ふ)を河に投じ、これを廃止させた。その後、彼は民を徴発して12の渠(きょ)(用水路)を開き、田を灌漑(かんがい)した。当初、民衆はこの工事に不満を漏らしたが、やがて長く利益を受けることになり、この地は富裕になったという。この説話は、迷信の残る地方に対して、新しい開明的な思想や技術を握った中央の君主権力が、官僚を通じて支配や開発を推進していった当時の状況を反映するものと考えられる。

[重近啓樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西門豹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西門豹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation