@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西面の武士【さいめんのぶし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西面の武士
さいめんのぶし
平安,鎌倉時代,院の警固にあたった武士。「院の西面」とも称する。後鳥羽上皇のとき新設された。従来からおかれていた北面の武士 (院の北面) とともに,院の警衛に任じ,院の西面に伺候した。武勇にすぐれた畿内近国の武士や,在京御家人のなかから任命されたが,幕府が推薦した関東武士子弟もいた。これら西面の武士は承久の乱の際,院側の有力な武力となったが,院側の敗北によって廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいめん‐の‐ぶし【西面の武士】
後鳥羽上皇の時、北面の武士に加えて置かれ、院の西に勤務した武士。院中の警固、盗賊の追捕(ついぶ)などに当たった。承久の乱後廃止。西面。にしおもて。→北面の武士

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいめんのぶし【西面の武士】
院司の一つで,中世,院の御所の西面に伺候して警固にあたった武士。略して西面ともいう。武勇を好んだ後鳥羽上皇は,白河上皇のとき設けられた〈北面の武士〉に加え,新たに武士の子息などを召し出して西面の武士を創設,上皇直属の武力を強化した。創設の時期は明らかでないが,1205年(元久2)以前らしい。以後,諸記録類に西面の活動として,新日吉社小五月会における流鏑馬(やぶさめ)勤仕,院中での蹴鞠(けまり)奉仕,御幸供奉等が見えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さいめん【西面】 の=武士(ぶし)[=侍(さぶらい)
中世、院の御所の西面に伺候して、警固にあたった武士。後鳥羽院の時に設置され、承久の乱以後廃止された。せいめんのぶし。さいめん。にしおもて。〔譬喩尽(1786)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にしおもて【西面】 の 武士(ぶし)
中世、後鳥羽院の時に置かれた、院の御所の西面に伺候して、警固にあたった武士。さいめんの武士。にしおもて。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいめん【西面】 の 武士(ぶし)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

西面の武士
さいめんのぶし
鎌倉前期,後鳥羽上皇により設置された院の警衛のための武士
院司の一つとして,北面の武士に加えて,院の西のおもてに伺候させた。上皇は討幕計画に伴う兵力充実をはかって,武勇にすぐれたものを補したが,承久の乱(1221)後廃止された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西面の武士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西面の武士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation