@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

西面武士【さいめんのぶし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

西面武士
さいめんのぶし

後鳥羽(ごとば)上皇院政時代に設けられた院司(いんじ)の一つ。白河(しらかわ)上皇の院政のときに創設された北面(ほくめん)武士に対し、院御所(いんのごしょ)の西面に侍し院中の警固などを行った。院西面(いんのさいめん)ともいう。設置の時期は『吾妻鏡(あづまかがみ)』などから1206年(建永1)以前と推定されるが不詳。在京御家人(ごけにん)や検非違使(けびいし)、院分国・院御領などを通じて関係の深い武士で構成され、上皇の私兵としての性格が強い。『吾妻鏡』には後藤基清(もときよ)、五条有範(ありのり)、大江能範(よしのり)、佐々木広綱(ひろつな)らの名がみえる。『承久軍(じょうきゅういくさ)物語』には、武勇に優れた者や相撲(すもう)の達人が関東から召し出され、西面に任じられたとある。承久の乱(1221)では上皇方の兵力の中心となり、乱後は廃絶された。

[権平慶子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西面武士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西面武士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation